ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

稚魚や稚エビの生存率を簡単に高める方法|全ての答えは水槽にアリ

アクアリウム初心者の方でも、最初は失敗していた魚やエビの飼育に慣れてくると次は繁殖にチャレンジする事になる訳ですが、飼育と比べると繁殖というのは急激に難易度が高くなることが多いのです。

メダカやミナミヌマエビの繁殖でしたらまだ簡単な方ですからそれほど難しい訳ではないのですが、一見簡単そうに感じるネオンテトラとかタナゴとか、プレコの類の繁殖になるとそれは原因不明で稚魚が全滅するようなことも普通にあります。

特にメダカに見た目が似ているネオンテトラは実はピラニアと同じカラシンですから、メダカの感覚で繁殖を試みる初心者の方には稚魚の飼育はかなり難しい部類に入りますし、餌の準備も毎日が大変になります。

スポンサードリンク


日々のトライエラーの繰り返しで稚魚の繁殖や飼育をする事により、段階的に経験を積んでいく事になるのですけど、個別の飼育方法や繁殖方法はともかく、基本的な部分については最初から知っておいた方が良いこともあります。

 

 

メダカやミナミヌマエビの繁殖ができた人は次のステップにチャレンジ。

 

例えば、メダカの繁殖ができる人であればランプアイなどの繁殖も容易に実現は可能ですけど、ネオンテトラとかインペリアルゼブラプレコの繁殖も同様に可能かといえば、殆ど100%に近い確率で失敗してしまうでしょう。

メダカやミナミヌマエビの繁殖しか行ったことがない人の場合は、インペリアルゼブラプレコに関していえば、産卵行動を発生させること自体が難しい状態になります。

メダカやミナミヌマエビの繁殖というのはかなり容易な方ですから、それができるからといって全ての魚やエビの繁殖ができる訳ではないのですけど、それができないと他の繁殖が更に難しくなるといった立ち位置です。

これらの個別の飼育法や繁殖方に関しては、いきなりやっても容易にはできませんから、日々研究を重ねつつ、何度も失敗をしてゴールにたどり着くのも一つの楽しみになるのですけど、それ以外の要因は最初から知っておいた方が良いという話です。

 

 

稚魚や稚エビの生存率を簡単に高めるには高さが低い広い水槽を使う。

 

個別の魚やエビの繁殖方法については、それぞれ方法が異なりますから、繁殖させる個体に合わせた飼育法をとる事になるのですが、どのような魚やエビであっても共通して生存率を高める方法があります。

スポンサードリンク



その方法というのが、広い水槽を使うだけという単純な話であり、高さは低くても奥行きや横幅の大きい水槽を使えば稚魚や稚エビの生存率はそれに比例して高くなるということです。

稚魚や稚エビというのは想像以上にストレスに弱い生き物ですから、なるべくストレスを抑えるには広めの水槽を使って飼育をすることが最も簡単かつ効率よく生存率を高めて飼育をする方法ということなのです。

90cm水槽のように極端に大きい水槽を使う必要はなくて、45cm水槽を稚魚の飼育用に使えば良いということであり、メダカの稚魚が数匹程度のような場合でしたら30cm水槽すら必要なくてプラケースやサテライトSなどで十分です。

稚魚の数が多いとか、飼育難易度が高いインペリアルゼブラプレコの稚魚の飼育をする際に、その生存率が低いのをなかなか改善できなかった場合、30cm水槽を45cm水槽に変更しただけで一気に生存率が高くなるような感じになります。

30cm水槽を稚魚や稚エビの飼育用に使用している場合はそれを45cm水槽に変更するだけで生存率が高くなりますので、これほど簡単に努力なく生存率を高める方法は他にはなかなかありません。

 

 

稚魚や稚エビの飼育には水槽の高さは必要ありません。

 

自然界において、魚の稚魚や稚エビがどのような場所で生息をしているのかを考えたらすぐに分かるのですが、その殆どが岸辺の水深の浅い流れのゆるやかなところで生息をしていて、深みであったり水流の激しい場所ではまず見ることはありません。

稚魚や稚エビ自体が水流に弱くて、浅いところでないと生存できない理由が自然界にある訳ですから、それと同じような環境を用意して、なるべく広めのスペースを用意してあげれば良いだけなのです。

あまり水槽が大きくなりすぎると稚魚の管理が面倒になりますから、繁殖や飼育が難しい種類の稚魚や稚エビの飼育をする場合は、最初の段階で45cm水槽を用意しておけば驚くほどスムーズに飼育をすることができます。

ただし、あまり水槽は増やさない方が良いので、このように稚魚の生存率を高めるような飼育をする場合はインペリアルゼブラプレコなどの稀少性が高くて繁殖難易度が高いタイプの魚の飼育をする際に行った方が無難です。

間違ってもメダカやミナミヌマエビの稚魚や稚エビの飼育の際にはサテライトやプラケースで十分ですから、過剰な水槽投資をしないように注意が必要です。

何度やっても稚魚や稚エビの飼育に失敗してしまう方は、奥行き、幅が広くて水深が浅い状態を維持できる水槽を用意すると良いでしょう。




アクアリウム費用を稼ぐ?→簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck


スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme