ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ブラインシュリンプを検討してみよう|メダカの稚魚最強の餌

ミナミヌマエビが好んで食べる餌は、当然メダカも好んで食べますし、どちらも雑食ですから本当になんでも食べますので、大抵の餌を食べる事が可能ですし、生き餌を除き、恐らく餌であれば食べれない餌はないかと思われます。

ヒメタニシのように植物性の餌を与えていないと、いつの間にか死んでしまっているといったトラブルも皆無ですから、何もこだわらなくても飼育すら容易にできてしいます。

 

これは、誰でも簡単に飼育できて、簡単に繁殖させる事ができる事を意味していますし、当然、費用も殆ど必要なく、最悪発泡スチロール水槽がひとつあれば、それを屋外に置いておくだけで飼育繁殖ができる手軽さです。

スポンサードリンク


メダカやミナミヌマエビの飼育に興味があるけど、途中で飽きそうと不安になっている人がいれば、スーパーで無料の発泡スチロールを貰ってきて、それを屋外に設置して放置水槽としてつかうなども検討してみてください。

 

メダカの稚魚最強の餌と言えばブラインシュリンプ。

 

大型魚肉食魚用のタブレットであっても、プレコなどの植物性のタブレットであっても、メダカの餌のような粉末状であっても、冷凍赤虫であっても、本当にどのような餌であっても、好んで食べてくれますから、餌に困ることはありません。

このように、全く餌に困らないミナミヌマエビやメダカに対して、意図的に栄養価が高くて、狩猟本能を発揮させるようなエリート教育をしたい場合は、当然生き餌を与えるのが良いのですが、メダカの稚魚が食べれるような生き餌などはあまりありません。

ミジンコを沸かせば良いと思うかもしれませんが、案外ミジンコを大量に安定して沸かすのは難しくて、多少湧いたところで勝手にメダカが食べていますから、安定した餌としては難しいところがありますし、栄養価もそれほど高いわけではありません。

スポンサードリンク



そこで、栄養価が高くて、大量かつ事務的に毎日沸かす事ができる餌というのが、ブラインシュリンプになり、生まれてすぐのブラインシュリンプの栄養価は大変高いため、メダカの稚魚であっても大変高い栄養を安定してとる事ができます。

 

早い話が、メダカの稚魚ではなくて、あらゆる魚の稚魚にとって、最も最適で栄養価の高い餌がブラインシュリンプになります。

そのようなブラインシュリンプなのですが、当然欠点もありまして、加工された粉末状のメダカの餌のように好きな時にパッケージから取り出して与えれば良いと言った訳ではありません。

ですから、ブラインシュリンプが良いのはわかっていても、毎日ブラインシュリンプを稚魚に与えている人はあまりいませんし、成魚になるとさらに少なくなるでしょう。

ブラインシュリンプを沸かすまでには24時間くらいの時間が必ずかかる上に、卵から孵化させる手順を踏まないといけませんから、その準備をするだけでも面倒に感じる人も多いのです。

 

極め付けは、ブラインシュリンプが孵化した後には、孵化させた水槽の下の方に卵の殻が沢山沈殿していて、この卵の殻というのは分別しないとそのまま他の水槽に入れると、ゴミとして分解も殆どされずに残ってしまう上に、万が一でもメダカの稚魚が食べてしまうと死んでしまう恐れもあります。

ブラインシュリンプを沸かすのが面倒、さらに沸かした後の卵の殻との分別が面倒といった幾つもの面倒が重なる都合上、ブラインシュリンプを敬遠している人も多いようですが、慣れてくるととても簡単ですから、一度はチャレンジしても良いかもしれません。

次回に続きます。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme