ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ブラインシュリンプの欠点を無くす方法|ミナミヌマエビが最適

メダカの稚魚の育成に最適なばかりか、あらゆる魚の稚魚の飼育で使われるブラインシュリンプについては、当然ミナミヌマエビであっても、好んで食べることができる動物性の生きた餌になります。

恐らくは、メダカの稚魚が好んで食べることができる生き餌としてはブラインシュリンプ以外に選択肢はなくて、卵から孵化したばかりのブラインシュリンプは栄養満点ですから、その点を考えても他に代替えの餌はありません。

ミジンコでしたらブラインシュリンプと同じくらいの大きさですけど、毎日安定して沸かすことは容易ではありませんし、栄養価も生まれたてのブラインシュリンプに勝算があるから、ブラインシュリンプを愛用する人が多いのです。

スポンサードリンク


 

栄養満点の生き餌ブラインシュリンプの欠点とは?

 

ブラインシュリンプの欠点としては、淡水では生きられませんから、海水で沸かしたブラインシュリンプを淡水のメダカやミナミヌマエビの水槽に入れてしまうと一定時間で死んでしまいます。

純淡水の場合は、どれだけ時間をかけてもブラインシュリンプを沸かすことは出来ませんので、必ず海水の状態にして卵を用意器に入れて沸かす必要があります。

当然、動物性の生きた餌ですから、その死体が水槽に沈んでしまうと水を汚す原因になりますし、人間の手で除去が難しいものですから、どんどん水を汚してしまうことになります。

しかし、ミナミヌマエビが水槽の中にいれば、水槽の底に沈んでしまったブラインシュリンプを好んで食べてくれますので、ここでもミナミヌマエビアは大活躍をするわけですね。

食べ残しのブラインシュリンプが水槽内で沈んだ状態で放置しておくと、プラナリアなどが大量に湧いてくる場合もありますから、ブラインシュリンプの餌を与える水槽にはミナミヌマエビをいれておくと良いでしょう。

スポンサードリンク



 

メダカの飼育をしている人はブラインシュリンプ知らない人が多い?

 

ブラインシュリンプはその性質上、栄養価がある生きた餌であり、メダカの稚魚やミナミヌマエビが好んで食べるとは言っても、その存在自体を知らない人が多く、どこで販売しているのかも分からない人も多いと言えます。

ブラインシュリンプに興味を持って調べる人は、大抵は稚魚の飼育が大変難しい熱帯魚の餌を調べている際にその答えとして到達することが多く、市販の粉末状の餌を適当に与えていれば育ってくれるメダカの稚魚の場合は、特に必要性がない為です。

メダカの稚魚の飼育にはブラインシュリンプでなくても問題はないけど、特定の魚の稚魚の飼育の場合は、ブラインシュリンプを餌として稚魚に与えないと、稚魚がすぐに死んでしまうし、他の餌は食べることも出来ないので、代替えの餌そのものがありません。

当然、ブラインシュリンプは汽水域で生息しているプランクトンですし、実際に沸かす時にも海水でなかればいけませんから、淡水の魚が本来食べている餌ではないのですが、自然の環境と人工飼育の環境は異なりますので、致し方ないところでしょう。

 

自然下ではその稚魚が食べることのない生き餌を与えればいいといった考えは、普通にメダカやミナミヌマエビを飼育している人では考えつかないかもしれませんから、稚魚の飼育が難しい魚を育ててみるのも良いかもしれません。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme