60cm水槽にエーハイム2213を3台設置が基本?|超安定飼育

日本の一般的な家庭の限界サイズであるのが60cm水槽であり、最も飼育がしやすいのも60cm水槽になる訳ですから、60cmサイズの水槽で飼育ができるメダカとかミナミヌマエビの飼育をしたい場合は、60cm規格サイズの水槽を購入するのがお勧めです。

当然、200cmサイズでオーバーフロー形式の水槽の方が圧倒的に高性能ですから、水槽だけを見ればそちらの方が良いに決まっているのですが、一体どれくらいのご家庭で200cmサイズの水槽を設置できるでしょうか?

 

 

60cm規格サイズの水槽よりも高性能な水槽は沢山ありますが・・・。

スポンサードリンク


 

実際に、日本の家庭で200cmクラスの水槽を設置できるようなご家庭は相当限定されてきますし、水槽専用の部屋を用意して24時間空調管理をするくらいでないと、巨大な水槽維持に必要なヒーターや水槽クーラーにかかる電気代も桁違いになります。

200cmサイズの水槽にならば、メダカやミナミヌマエビの飼育のみに使用した場合は、自然環境を超えるくらいの快適な環境を用意できる訳ですから、勝手にどんどん繁殖をしていきますし、適度にレイアウトをしている場合はメダカの卵の分別や保護も必要ありません。

 

 

200cmクラスの大型水槽では大型の魚を飼育している人が殆どです。

 

ただし、200cmクラスの水槽でそのような使い方をしている人は殆どいませんから、皆さん大型水槽のコストに見合ったアジアアロワナなどの高額な魚の飼育に利用している事が殆どです。

やはり、60cm水槽というのは、このサイズを最初に誰が考えたのか知りませんけど、その大きさや飼育性能、器具の多さや価格面を見ても、最も優れた水槽である事を否定する事は出来ないでしょう。

 

 

60cm規格水槽にはエーハイム2213を3台設置が基本?

 

日本の一般家庭にとてもマッチしている60cm水槽なのですが、その水槽でメダカとかミナミヌマエビを飼育している場合は、その個体数に関わらず水質を維持する為に必ず濾過フィルターが必要になります。

濾過フィルターとは、水をきれいにする為の生命維持装置のようなものであり、濾過フィルター内のろ材にバクテリアを大量に発生させて、水槽内に発生する有害な物質をきれいにする為の器具の事です。

一般的なサイズの60cm水槽であれば、上部式の濾過フィルターがセットになって売られている事が多く、それをそのままお使いの方も多いのですが、確かに上部式濾過フィルターというのはろ材が1リットル入る為、安い割に高性能である事が多いのですが・・・。

 

 

上部式濾過フィルターはメダカなどの小型の魚にはお勧めできません。

スポンサードリンク



 

上部式濾過フィルターは水流が強すぎる為、実際には60cm水槽で飼育可能なメダカのような小さな魚の飼育には全く向いておらず、そのままメダカを飼育していると水流の強さに耐えきれずに死んでしまいます。

逆に、プレ小屋金魚などのように、大きく成長して餌を大量に食べて排泄物も多くて、水を汚すような頑丈な魚の場合は、上部式濾過フィルターが最も適したフィルターになります。

これは、濾過フィルター内を循環させているポンプが作り出す水の流れが強すぎることや、それを調整する方法が上部式濾過フィルターにはない為、たとえ水槽面に水流を当てるようにしても、殆ど意味がないのです。

ポンプの水流を弱くすると濾過機能が正しく機能しなくなる為、水流を弱くする為には、水が水槽に戻る際の勢いを落とすしかないのですが、それが上部式濾過フィルターでは出来ないのです。

そこで登場するのが、水流を調整する事ができる為、メダカなどの小型の魚に負担をかける事がなく、60cmクラスの水槽用としては大容量のろ材をセットできる外部式濾過フィルターになります。

 

 

60cm規格水槽にはエーハイム2213を3台設置が基本?

 

60cm規格サイズの水槽で濾過能力を最も高めようとした場合は、エーハイム2213などの外部式濾過フィルターが最もおすすめになり、これなら水流調整ができる為、メダカの稚魚ですら容易に飼育する事が可能になります。

その際に、上部式濾過フィルターでしたら一台設置していれば十分ですし、それ以上設置する事がスペース的にも出来なのですが、エーハイム2213の場合は、何台でも追加で設置する事ができます。

エーハイム2213の台数が2台になれば、当然ろ材の容量も2倍になる為、水質も安定しますし、台数が3台になればろ材の容量は3倍になりますから、より水質が安定するのは誰が見てもすぐに理解できます。

 

60cm規格水槽には3台以上の2213は設置できないしする必要もありません。

 

しかし、60cm規格サイズの水槽にエーハイム2213を設置した事がある人であれば分かるのですけど、3台以上の設置をしようとした場合、設置場所に無理が出ることや、正直言ってそれ以上の濾過フィルターは必要ないのが現場です。

メンテナンスの事を考えても、3台以上のエーハイム2213の掃除や消耗部品の交換をしていると、とてもではないけど現実的ではありません。

よって、60cm規格サイズの水槽の場合は、エーハイム2213を3台設置するのが限界になり、その台数を設置することにより、最も高いパフォーマンスを出す事ができるということになります。

次回ではその理由や設置方法についてご説明予定です。



スポンサードリンク