ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

60cm水槽でメダカやエビと一緒に肉食魚を飼育する方法

初心者の方からある程度飼育に慣れている方まで、なるべく水槽を増やすことなくできれば60cm水槽一本だけでアクアリウムを楽しむことをお勧めしているのですが、資金的に余裕がありスペースにも問題ない方でしたら、どんどん水槽を増やしても良いかもしれません。

ただし、水槽を増やすほどメンテナンスのコスト等が比例して大きくなっていきますから、それを考えると長期的な管理ができる人でないと、結局すべての水槽を処分してしまうことになりかねません。

一般的な日本の住宅であれば60cm水槽を横に2本並べただけでもその置き場に困るような状況になることが殆どな訳ですから、それを考えると最初から最後まで60cm水槽1本で頑張った方が良いでしょう。

スポンサードリンク


 

 

水槽を一台追加するとその水槽の大きさ以上のスペースが必要になります。

 

最初に30cm水槽を購入してから、それでは足りなくなると60cm水槽を追加購入すれば良いと思われるかもしれませんが、その場合は90cm分のスペースを必ず必要としますし、エーハイム2213のような外部式フィルターを取り付けていると、そちらのスペースも合わせて必要になります。

結果的には最初から60cm水槽を購入しておいた方が良いということになりますので、先を見た水槽購入をすると計画性もあり後々処分に困ったり無駄な水槽が発生する状況を避けることもできます。

ホームセンターで陳列されている水槽を見ると小さく感じるかもしれませんが、自宅内に接地した水槽というのは想像以上に大きいですから、後で後悔するような購入だけはやめておいた方が良いのです。

 

 

60cm水槽だけでメダカと肉食系の魚を飼育するにはどうすれば?

 

では、60cm水槽1本だけでアクアリウムをするとして、その際に同居させてしまうと問題が出るような組み合わせの飼育がしたくなった場合はどうしたら良いのか?と言えば、その場合に役に立つのがスドーのサテライトLになります。

基本的にサテライトL自体は2リットル分の大きさしかありませんから、かなり小さな水槽になるのですけど、本水槽の水を循環させているため常に安定した水が供給されているため、常設してその中で魚の飼育をすることが可能です。

ただし、サテライトLの奥行きはそれほど大きくはありませんから、その中でUターンが出来る程度の大きさの魚に限定されますので、アジアアロワナとかスネークヘッドなどの飼育をすることはできません。

まあ、60cm水槽でも飼育ができないような巨大になる魚をサテライトLで飼育する人はいないとは思いますけど、幼魚の頃とか成長しても10cm以下の魚であれば盆栽飼育のような状態で生存させることは可能です。

ただし、そのような盆栽飼育をしてもすぐに飽きてしまいますので、なるべくするべきではありません。

 

 

サテライトLに肉食魚を隔離できない場合はどうすれば良いのか?

スポンサードリンク



 

60cm水槽1本でアクアリウムを楽しんでいる人というのは、それだけで飼育と繁殖まで行っていることが多くて、実はサテライトLを所有している方でも、それが使えない状況であることが多いのです。

その理由は、既にサテライトLの中に隔離したメダカの稚魚やミナミヌマエビの稚エビなどが大きさごとにセパレートされて飼育されていることが多いため、その中に獰猛な肉食魚を入れることは到底できません。

また、サテライトLをセパレートした状態というのはかなり狭いですから、そこで飼育できる肉食魚といえば、小さな淡水フグであるアベニパファー位ではないでしょうか?

60cm水槽1本にサテライトLとサテライトSを取り付けているからといっても、既にサテライトが満員御礼状態でしたら、それを利用して肉食魚を飼育することは出来ませんし、かといってマルエツのジャガイモケースを使って水槽に浮かべて使うのも危険過ぎます。

ジャガイモのプラケースを使って飼育ができるのは、万が一その中身の魚が本水槽に入ってしまっても問題がない小さな魚やエビくらいですから、10cm位の肉食魚をその中に無理やり入れておくと、ジャンプしたりして簡単に本水槽に移動してしまいます。

そうなると、水槽内にいるメダカやミナミヌマエビは餌として認識されて片っ端から襲われて食べられてしまいますから、そのような危険な飼育方法は全くお勧めできません。

こうなると、60cm水槽1本でメダカやミナミヌマエビと肉食魚を同時に飼育する方法はないのでしょうか?

 

 

蓋のついたプラケースを水槽内に沈めれば簡単に肉食魚の飼育が可能です。

 

ここで簡単に60cm水槽一本だけでメダカやミナミヌマエビと、それを捕食する肉食魚を同じ水槽で飼育する方法がありまして、その方法とは蓋のついたプラケースの中に肉食魚をいれて、そのまま水槽に沈めておくといったシンプルな方法です。

プラケースの大きさにより、飼育できる肉食魚の大きさが変わってきますので、サテライトLよりも融通が利きますし、パワーのある肉食魚でも全く問題ありません。

また、間違えてメダカやミナミヌマエビがプラケースの中に入ってしまうこともありませんから、その点を考えても最も安心できる方法です。

ただし、餌を与える際には毎回水槽の中に手を入れてプラケースの蓋を開けてその中に餌を入れるか、プラケースを一旦水槽から取り出して餌を与えないといけませんから、それに関しては面倒といえば面倒です。

この方法は実際にホームセンターやペットショップなどでも頻繁に行われていますので、ナマズやスネークヘッドなどの幼魚が大抵そのように飼育展示されていますから、一度水槽を見てみると良いでしょう。

長期的な飼育としてはあまり向いていない方法なのですが、サテライトLも満員状態であり、水槽を新規で追加する手段がない場合はこれしかないといったところに張るのではないでしょうか?



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme