アメリカザリガニが遂に特定外来生物に指定へ?

つい先日、ネットのニュースを見ていたら、アメリカザリガニが特定外来生物に指定されるとの報道がされていました。特定外来生物に指定する際に、新たな区分を設置するようで、これまでの特定外来生物とは若干扱いが変わるのでしょうか?、遂にですね。

アメリカザリガニは繁殖力が凄まじく、あらゆる環境に適応してしまいますので、自然界に放流されたアメリカザリガニが想定外の場所で繁殖をしていることもあり、東京都内でもこんな場所にアメリカザリガニがいるの?ってのをよく見かけていました。

特定外来生物に指定されると、アメリカザリガニの飼育をすることは可能ですが、行政への申請と許可が必要になっていきますし、ペットショップやホームセンター、ネット通販などで購入することもできなくなるので、一気に流通が減ることになりますね。

スポンサードリンク


 

 

アメリカザリガニが遂に特定外来生物に指定へ?

 

正直、アメリカザリガニについては、国や行政が完全に放置していた感じで、その結果、日本全国に生息地が広まってしまって、東京都内ですら簡単に捕獲できるような状態になっており、ここまで繁殖してしまうと、当然ながら相当な驚異だったのです。

しかし、何もしてなかった・・・。それで、アメリカザリガニは普通にホームセンター等でも販売される事が当たり前のような状態なっていた訳ですが、流石にこれ以上放置していたら、生態系がおかしくなると思ったのか?、遂に重い腰を国があげました。

アメリカザリガニを特定外来生物に指定するにあたって、新しい区分を設けると報道されていたので、これから詳細などを決めていくでしょうし、子供達がアメリカザリガニを捕まえていきたまま持ち帰った場合、流石にいきなり警察が逮捕も無いでしょう。

 

 

アメリカザリガニは熱帯魚の餌用として結構有名?

 

最近では、アメリカザリガニの飼育をする子どもたちもかなり減ってきたのでは?と思いますので、ホームセンターやペットショップでの需要もかなり減って来ていそうですけど、実はアメリカザリガニは熱帯魚の餌用としてかなりの需要があり、どうなるか?

スポンサードリンク



要は、アロワナとかピラルクーなどの大型魚の場合、いきた餌しか食べない個体も多く、人工餌の餌付けも出来ないわけでは有りませんが、簡単ではない為、いきた餌として、アメリカザリガニが使われることも多く、栄養価も高く価格も安いので人気です。

アメリカザリガニが特定外来生物に指定された場合、アメリカザリガニの小さな個体を活餌として販売することは出来なくなりますので、現在、アメリカザリガニの養殖などをしている業者などはこれから将来に向けて事業の転換等をしていく感じでしょうか?

 

 

特定外来生物は捕獲や販売は勿論譲渡も禁止です。

 

特定外来生物に指定されると、商売としてその生物を販売、展示することは出来なくなりますので、まれにペットショップや熱帯魚の専門店などで、アリゲーターガー等の熱帯魚を展示販売していて、店主が逮捕されたってニュースが報道される事があります。

アメリカザリガニの場合、あまりに生息域が日本全国で広まってしまっているので、いきなりアリゲーターガーとかブラックバスみたいな厳格な法律の適用はないのかもしれませんが、今後、確実にアメリカザリガニの販売をする事業者はなくなっていきます。

飼育は禁止されていませんが、仮に法律が施行される前にアメリカザリガニの飼育をしていても、行政からの許可が必要になるのは目に見えているので、面倒とかって思っている人は、早めに処分をするとか、譲渡等をして対応をしておくのがお薦めです。

アメリカザリガニに対応した特定外来生物の法律が施行されると、黙っていればばれないとか、なんでそんな法律に従わないといけないのか?等の理由で、無視をして無許可で飼育をしていた場合、誰かに通報されてしまって、警察が来ることもありえます。



スポンサードリンク