ウィローモスで壊滅していたロタラが復活してきた

暫く水槽のメンテナスが出来なかったので、ウィローモスが爆発的に増殖をしてしまい、水槽内の80%位を専有する状態まで増えてしまっていて、その影響で他の水草が壊滅的な被害を受けた後、ウィローモスをバケツ満タンに駆除したのがつい最近です。

その後、ウィローモスに巻き付かれて殆ど枯れてしまってたロタラの中でも状態がよいものを、再度トリミングを行い、ソイルの中に植えていたのですが、水槽を確認してみると、新しいロタラの芽がソイルの隙間から伸びてきているので、いい感じです。

ウィローモスは環境がよい水槽になると、あっという間に爆発的に増えてしまい、他の水草の光合成を妨げたり、ソイルから水草を引っこ抜くような感じで、巻き込んで増殖をする事もありますから、ウィローモスをレイアウトしている水槽のメンテは必須。

スポンサードリンク


 

 

ウィローモスで壊滅していたロタラが復活してきた。

 

ロタラって水草を知らない人もいるかも知れませんが、とても丈夫な水草で、普通に育成していると綺麗に育ってくれますから、初心者にも人気がある水草なんですが、カモンバとかアナカリスと比較すると若干価格が高めで、飼育環境も違ってきています。

それで、ホームセンター等で安売りされている簡易的な水草コーナーにはロタラは並べられておらず、ソイルが敷かれている、きちんとした水草コーナーで販売されて居ることが多いですが、ホームセンターなら大抵は売られているので、是非見てみましょう。

綺麗に20cm位に成長をしていたロタラの殆どが枯れてしまい、残っていたロタラの残骸をソイルに植えて様子を見ていた訳ですが、綺麗な緑色のロタラの芽が一斉に伸びてきていますから、このまま育成をしていき、以前のようなロタラ水槽になると嬉しい。

 

 

ウィローモスを完全に除去したら駄目なの?

 

ロタラはエビの足場や餌場、オトシンネグロの産卵場所になる水草で、見た目も綺麗で大きく成長すること、色がカラフルな個体も多いことから、水槽にレイアウトしているんですが、ウィローモスの爆発的な成長に巻き込まれると、あっという間に枯れます。

スポンサードリンク



水草の中でも結構管理が難しくなるヘアーグラスショート等は、もはや根っこの残骸も残っていない状態ですから、それと比べると、まだ根っこや茎が残っていたロタラはマシだったのかもしれませんが、ウィローモスは完全に除去した方がよいのでしょうか?

これも、よく聞かれるんですけど、そんなに面倒なウィローモスを水槽から完全に撤去した方が良いのでは?といった話すですが、きちんと管理をしていれば全く問題なく、メダカ等の産卵場所、エビの隠れ家になるのでウィローモスはメリットが多いのです。

 

 

初心者の人にもロタラはお勧めの水草になります。

 

ロタラの特徴としては、頑丈で成長速度が早く見た目も綺麗で、魚の産卵場所にもなることで、初心者の人でも基本的な事さえ理解していれば、簡単に育成できる水草ですから一束100円前後のアナカリスよりも500円位を奮発してロタラがお勧めでしょうか?

今回のように、仮に一定の期間中において、水槽の管理ができない状況になってしまい、水槽内の水草がウィローモス以外壊滅的な被害を受けていても、ロタラは完全に溶けたり枯れてしまう事はなく、茎部分だけでも残って、辛うじて残ってくれます。

それで、その残っている茎部分だけでよいので、ソイルの中に埋めていると、次第に根っこが伸びていき、新しい綺麗な緑色の芽が伸びてきますから、初心者の時に何度も失敗をする水草の飼育において、勉強も兼ねて育成ができるので、是非お勧めですね。

ヘアーグラスショートのような水草は初心者の人には難易度が高すぎますし、枯れてしまうともう再生出来ないですし、ウィローモスやアナカリス、カモンバ等はあまりに育成が簡単すぎて、水草の育成スキルが身につかないので、ロタラがベストでしょうか?



スポンサードリンク





Updated: 2020年6月17日 — 3:22 午後