ジャンボタニシが欲しい?一体何処で購入出来る?

ジャンボタニシの飼育がしたいけど、近くのホームセンターでもアクアリウム系のネットショップでも売られていない?、一体、何処で購入したらいいのか?って相談を受けたんですが、結論を言えば、ジャンボタニシを日本国内で購入することは出来ません。

ネットなどで巨大なタニシとして紹介されることが多いジャンボタニシは、実は国産のヒメタニシ、マルタニシとは異なり、スクミリンゴガイという外来種の貝であり、日本の野生に定着して爆発的に繁殖していまい、爆発的に繁殖して大問題になっています。

その為、農家・・、特に米の栽培に凄まじい損害をもたらすことから、かなり以前に要注意外来生物に指定されており、要注意外来生物は販売、譲渡等が自粛されているので、ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)を購入することは日本では先ず出来ません。

スポンサードリンク


現状は罰則がないとは言え、国に睨まれて、商売をする事業者は居ない訳です。

 

 

ジャンボタニシが欲しい?一体何処で購入出来る?

 

特定外来生物は個人だろうが、法人だろうが、販売目的で展示しているだけでも警察に逮捕されてしまいますし、野生に生息をしている特定外来生物を生きたまま輸送しただけでも、逮捕されるというかなり扱いが難しい生き物なのですが要注意外来生物は?

要注意外来生物は特定外来生物のように、販売とか譲渡をしたら警察に現行犯逮捕されるということは、現在はありませんが、特定外来生物に指定するか?、選考中の問題がある生物であり、そのような生物を営利目的で販売をする業者は先ずいません。

ですから、ジャンボタニシがほしいとか飼育したいと思っても、何処にも売られていませんから、ジャンボタニシをネットショップ等で購入して飼育をすることは先ず出来ませんので、どうしてもジャンボタニシを飼育する場合、野生で捕獲する事になります。

 

 

ジャンボタニシを近くで見つけたら駆除が望ましい?

 

ジャンボタニシについては、地方に行けば、田んぼや用水路などで大発生していることもあり、近くの植物やコンクリートの壁などに、不気味なピンク色の大きな卵を大量に産み付けている事が多いので、周辺を見てその卵があれば、ジャンボタニシがいます。

スポンサードリンク



ジャンボタニシは、移動速度が相当早く、大量の植物を食害しまくりますし、凄まじい勢いで爆発的に増えていく上に、ピンク色の卵には毒がありますから、それで余計に繁殖力が強くなっている上に、天敵が少なく、田んぼなどで爆発的に増えています。

だったら、ジャンボタニシは見つけたら駆除した方が良いのか?、と言えば、別に自分の敷地内でも無い限り、駆除する必要はありませんし、イノシシとシカのように、捕獲をしたら役所から報奨金が支払われる訳でもないので、スルーするのが基本ですね。

その状況を見ても、ジャンボタニシを飼育したいのであれば、田んぼなどで捕まえて自宅に持ち帰るのもありかもしれませんが、日本のタニシと異なり、コケ取りや水質浄化をするのではなく、バリバリ水草を食べて水を汚しまくるので、お勧めはしません。

 

 

知り合いの農家で被害に困っている人がいれば協力?

 

現在、ジャンボタニシの最大の被害者は日本の農家の人になりますし、それ以外の都心の会社員等は、ジャンボタニシとは全く無縁の生活をしていますが、この農家の人のジャンボタニシの被害が深刻な問題になっており、以前は農薬代等が本当に大変でした。

昨年くらいに「たけのこの水煮」を使えば、高額な農薬を使うこともなく、低コストでまとめてジャンボタニシを駆除できる方法がテレビや新聞などで報道され、それで、一気に低コストでジャンボタニシを駆除できるようになったので、農家の人も安心?

実際に、農家の人が管理している田んぼや畑は膨大で、周辺の河川や用水路等でもジャンボタニシが大量に繁殖していることも多いので、農家の人にジャンボタニシの被害の相談を受けたら、駆除のお手伝いをするとかなり喜ばれるので是非協力しましょう。

協力と言ってもたけのこの水煮を近くのスーパーで購入して、それを田んぼなどに設置して、翌日に根こそぎジャンボタニシを捕獲して処分を繰り返すだけなので、差し入れで水たけのこを持っていくとか、この情報を教えてあげるなどいい時代になりました。



スポンサードリンク