ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

水槽にマルタニシを導入したら凄まじい能力で驚いた話

水槽を設置すると必ず発生する問題としては苔の問題があるんですけど、これはどの様な水槽であっても必ず発生する都合上、ある程度のメンテンスを水槽内の生き物にお願いすることも多くて、大抵は貝類やプレコの仲間などを水槽に投入して対策をします。

以前は、ピンクラムズホーンを水槽に入れて、苔や余った餌、食べ残してソイルに沈んでいる餌の処理係として、対策をしていたんですが、今回水槽をリセットするにあたって、レッドビーシュリンプの余った餌の処理対策として、マルタニシを導入しました。

マルタニシって結構マイナーで知らない人も多いんですが、ヒメタニシよりもかなり大きくて、ヒメタニシが1円玉とすると、マルタニシは500円玉くらいの大きさになるって言えばなんとなく大きさのイメージが分かると思うんですが、成長すると巨大です。

スポンサードリンク


 

 

水槽にマルタニシを導入したら凄まじい能力で驚いた話。

 

ヒメタニシよりもかなり大きく成長をするマルタニシと言っても、成長速度がそれほど早いわけではありませんから、最終的に成長をするまでは、ヒメタニシとそれほど変わらない大きさですので、正直にヒメタニシと言われても普通の人には判別出来ません。

基本的にタニシのコケ取り能力は大変高くて、ヒメタニシを水槽に投入するとコケまみれの水槽があっという間に綺麗になるくらいなんですけど、マルタニシってかなりマイナーで大きくなることから、あまり積極的に水槽に入れている人はいない感じですね。

今回、レッドビーシュリンプ水槽にマルタニシを導入してみたんですけど、コケ取り能力というよりも余ったタブレット状の餌を食べる能力が凄まじくて、ソイルの中に沈んでいる余った粉々の餌を、ソイルに潜りながら凄い勢いで食べているので驚きました。

 

 

マルタニシの大食感ぶりはヒメタニシの比ではない?

 

通常、マルタニシはかなり大きくなるタニシなので、水槽に入れるとインパクトが凄すぎることや水草をなぎ倒す位のパワーがありますから、より小型でコケ取り性能、余った餌を食べる能力が高いヒメタニシが好まれますが、やはりパワーが桁違いでした。

スポンサードリンク



マルタニシって相当マイナーな貝になるので、大抵の人はピンクラムズホーン等の綺麗な外来産の貝を水槽に入れている人が多くて、レッドビーシュリンプの水槽では殆どの人がピンクラムズホーンをコケ取りや余った餌の処分ように水槽に入れています。

基本的に貝の仲間は大食感がすごくて、相当な餌を必要とすることから、水槽内に発生する苔を綺麗に食べてくれるんですけど、マルタニシの場合は現在はある程度小型のヒメタニシ位の個体を水槽に投入したんですが、余ったドロドロの餌を綺麗に食べます。

 

 

毎日のように産卵をしているマルタニシのパワーに驚く?

 

レッドビーシュリンプの水槽から、ピンクラムズホーンを全て撤去して、余った餌用、苔取り用としてマルタニシを導入してみたんですけど、タブレットの餌の食べ残し等はドロドロになってソイルの中に沈んでいくので水槽が汚れる原因になってしまいます。

しかし、そのソイルに沈んでいくドロドロのタブレット餌をマルタニシはソイルに潜りながら綺麗に食べてくれることもあるのでしょうけど、それで栄養価が高くなったのか、水槽に投入後には毎日のように稚貝を産卵していて勝手に個体数が増えています。

見た目が地味でヒメタニシの2倍近い大きさに成長をするマルタニシですが、知らない人もいるくらいマイナーなタニシなので、あまりひと目に触れることもありませんし、価格もかなり高い金額で売られていることが多いのですが、掃除人としては最強です。

ただし、個体にもよるんですが、マルタニシって相当大きく成長をしていきますので、30cmくらいの水槽だとインパクトが有りすぎたり、水草をなぎ倒すくらいのパワーがあるかもしれませんので、購入を検討している方はそれだけは確認しておきましょう。

あと、タニシは寿命がかなり長いですし、環境が良いとガンガン稚貝を産卵して増えていきますので、最初に3匹か5匹ほど購入しておけば、殆ど永遠のサイクルとして飼育ができますし、水槽の水の浄化能力も高いので、コケ取り要員としては優秀なのです。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme