上海蟹の飼育がしたい?飼育方法と購入方法は?

つい先日、某お店で上海蟹(シャンハイガニ)が売られていたので、購入して飼育をしたいので方法を教えて欲しいと相談を受けたんですが、初めに説明をしておくと、日本国内では生きたままの上海蟹を販売するのは違法なので、本当なら逮捕されます。

上海蟹は特定外来生物に指定されているので、行政(住所を管轄する都道府県の知事)の許可がないと個人では飼育も繁殖も行えず、唯一の日本における入手方法は殺した状態で食用としてのみ入手が可能なカニですから、生きたままの入手は出来ないのです。

ですから、某お店で上海蟹が生きたまま売られていたのをみて、飼育をしてみたい、繁殖をしてみたいって友人が思ったらしいんですが、飼育というか上海蟹を繁殖させて、食用として欲しいって感じでしょうか?、一緒に上海に行って良く食べてました。

スポンサードリンク


 

 

上海蟹の飼育がしたい?飼育方法と購入方法は?

 

既に結論で、日本では生きたままの上海蟹を購入、販売、飼育、譲渡など、あらゆる方法で入手したり飼育することが法律で禁止されていて、もしこっそりやってしまった場合、バレると警察に逮捕されてしまいますので、先ず、上海蟹の飼育は出来ません。

ただし、上海蟹によく似ているカニも日本には生息していて、モクズガニって言うんですけど、見た目もよく似ているんですが、食べた感じも味が似ていて、関西では高級食材扱いされているので、もし、日本で上海蟹を飼育したいならこのカニになりますね。

モクズガニは日本の河川に普通に居て、サワガニとは異なり、河川の水中に潜んでいますので偶然見つけるのが難しいので、よく行われているのが餌を入れた鉄のかごを水中に沈めて、カゴで捕まえるって手法が多く、水に入れば網で捕まえることも可能です。

 

 

モクズガニの飼育は容易でも繁殖はかなり難しい理由。

 

モクズガニですが、生きたまま販売しているってのは余りみたことがありませんが、川に行けば網があれば捕獲することは可能で、日本全国の川に生息していますので、知り合いなどに確認をしてもよいですし、根気よくネットで調べても良いかとは思います。

スポンサードリンク



モクズガニの飼育方法はとても簡単で、60cm水槽セットがあれば普通に飼育できますが、モクズガニ自体が20cmくらいになる結構大きいカニですから本格的な飼育をしたい場合、90cm水槽が必要になりますし、餌を食べる際に水を汚すので長期はきつい?

ただ、モクズガニを繁殖させるとなるとかなり難しく、なぜ難しいか?といえば、ヤマトヌマエビの繁殖が難しい理由と同じく、このカニはゾエア幼生で産卵をする都合上、汽水域でなければならず、純淡水のみではゾエア幼生を育てることが出来ません。

 

 

モクズガニの飼育と繁殖のプロは日本には居ない?

 

これまで、うなぎの穴釣りをしていた際に、偶然見つけたモクズガニを捕まえて、その後水槽で飼育したことはありますが、長期的な飼育とか、繁殖はさせたことはなく、川で知り合ったモクズガニの捕獲をしている人と話しても、川で捕獲が基本って感じ。

なので、モクズガニを飼育して繁殖させているプロって人はみたことがなく、聞いたこともないので、興味があれば日本版の上海蟹みたいなモクズガニを飼育して、繁殖までさせても良いかもしれませんし、結構な高級食材として流通しているので需要もある?

正直、モクズガニは川で捕獲して、料亭に納品するって感じですから、それほどの需要があるわけではなく、多くの人が欲しがるカニでは無いかもしれませんが、一定の需要があること、やり方次第では日本にはまだないカニの市場をつくれるかもしれません。

中国では上海蟹の養殖が行われていて、大量に食材として消費されていますけど、基本的にカニは野生のカニを捕まえて、それを流通させる事が殆どなので、エビと比較して大量養殖されている事例も少なく、日本では未知の世界なので、ロマンはあります。



スポンサードリンク