川で捕まえたメダカの正体?実はオイカワやハヤ?

最近は、暖かくなってきたのと、新型コロナウイルスの影響で、職場や学校が閉鎖しているなどもあり、地方の人はやることがないので、川に遊びに行ったりしている人も居るんですが、そこで、友人からメダカを捕まえた!とメールで連絡をもらいました。

別に、メダカは日本の固有種なので、日本国内の川でしたら、生息していてもおかしくはないのですが、メダカが生息している川というのは、緩やかな流れの小さな小川とか、田んぼのような環境になり、大きな川とか渓流などには生息はしていません。

また、水深が浅い水場というのがポイントになり、深い水場ではメダカは生存が難しくなりますから、川で捕まえたメダカ?をよく見せてもらうと、実際にはメダカではなくて、オイカワとかハヤ、ウグイ等の子供であることが多くなるので注意が必要です。

スポンサードリンク


 

 

川で捕まえたメダカの正体?実はオイカワやハヤ?

 

今回の川で捕まえたメダカについても、捕まえた場所は子供が川遊びできるそれなりに大きな川だったので、やはりメダカではなくハヤの子供だった訳ですが、メダカとは異なり、ハヤとかオイカワの子供を飼育する場合、それなりの飼育設備が必要です。

その理由ですが、メダカでしたら田んぼのような環境があればよいので、屋外にバケツとか発泡スチロールを設置して、適当にマツモやカモンバ等の水草を入れておけば、殆ど放置飼育が出来るのですが、ハヤとかオイカワ等の子供はそうはいきません。

メダカなどよりも低い水温を好みますし、水質もそれなりにシビアな環境でないとオイカワとかハヤの子供は生き残れませんので、夏場は水槽クーラーが必要になったり、ナチュラルフローパイプ付きの2213が数台必要になったりと、結構お金がかかります。

 

 

メダカ以外の小さな魚は逃してあげるのが良い?

 

メダカみたいに、プラケースがあれば長期的な飼育ができる魚とは違い、水質や水温に敏感なメダカと勘違いして川で捕まえたオイカワとかハヤの子供を、そのままメダカの感覚でプラケースで飼育をしてしまうと、かなり早い段階で全滅させてしまいます。

スポンサードリンク



ですから、川で捕まえたメダカについては、小型のプラケース等を持っていき、捕まえたメダカっぽい魚を横から確認すれば、メダカであるかそれ以外の小魚であるかは、ネットでメダカの図鑑などを見れば直ぐに違いがわかりますから、よく確認しましょう。

慣れていれば、上からメダカを見れば、それ以外の小魚との違いは、頭の大きさや形状等でひと目で分かるんですが、慣れていない人は分からないことも多いので、横から見れば、誰も違いがわかるわけですから、プラケースを持って採取に行くのがお勧め。

 

 

なぜ?メダカは水深が浅い水場にしかいないの?

 

メダカは水深が深い水には、自然界では殆ど生息しておらず、仮に近くの川などにメダカを放流しても、かなり早い段階で全滅してしまい、その姿を見ることはなくなるんですけど、その理由は天敵に襲われて食べられてしまうからであり、生存が出来ません。

その点、田んぼや小さな小川などでは、水深が深い水場ってのがありませんから、大きな天敵が入ってきにくく、タガメなどの大型昆虫が襲ってきたりしますけど、それでも、成長したオイカワやウグイ、ブラックバス等に襲われるよりかは遥かにマシです。

メダカは、成長をしても4cm前後で泳ぐ速度も遅く、大きなフィッシュイーターに襲われてしまったら、ひとたまりもありませんから、田んぼとかその近くの草木が茂っている小川なので、古典的にひっそりと生息をしてきて、今でも生き残っている訳です。

最初からメダカを採取する目的で川に行く場合でしたら、田んぼに行くのが確実で、田んぼの持ち主の人にお願いをすれば、よほどのことが無い限り、田んぼを荒らさない範囲で採取してもいいですよって言われますし、ドジョウも沢山居るのでお薦めですね。



スポンサードリンク