間違えてサブフィルターを購入した?どうする?

日本の一般的な住宅事情に最もマッチしている60cm水槽ですが、その水槽用の濾過フィルターとしてエーハイム2213が最適解になることが殆どなのですが、エーハイム2213が良いのは分かっていても、価格が高すぎて購入できないって人もいる訳です。

それでもエーハイムがほしい、以前は3000円前後で投売りされていたって情報を知ってしまうと、流石に1万円は高いな-と思ってネットで2213を調べていたら、エーハイム2213サブフィルターというのが4000円前後で安いので速攻で購入した人がいます。

まあ、残念な事をしてしまった・・・としか言えないのですが、本当の初心者の人であれば、通常の2213とサブフィルターの違いは分かりにくいので、まあ、安さを求めた結果、そうなったんでしょうけど、サブフィルター単体では残念ながら使えません。

スポンサードリンク


 

 

間違えてサブフィルターを購入した?どうする?

 

基本的な話になりますが、エーハイム2213サブフィルターというのは、その名の通り、既に2213を所有している人がサブ(補助的)に使うためのものであり、追加で2213とホースで直結させて使うもので、サブフィルター単体では何も出来ません。

なにしろ、サブフィルターを見れば分かりますが、電源コンセントもありませんし、水を循環させるためのホースも付いていませんから、あくまでろ材を入れて直結した2213のモーターを使い水流を循環させる必要があるので、サブフィルターなのです。

結論から言えば、サブフィルターを先に購入してしまった場合、そのままでは使いみちがありませんから、追加で2213を購入するか、アクアリウムをやめるのであれば、ヤフーオークション等に出品して売却をするか?、倉庫にしまって置物にするかです。

スポンサードリンク



 

 

サブフィルターはろ材も別売りなので・・・。

 

エーハイム2213の場合、濾材もセットになった商品もありますし、ネットで購入する場合でもショップがろ材とセットで割り引き価格で販売していることもありますが、サブフィルターというのは、ろ材なしのあくまでサブフィルターのみの販売になります。

あと、通常、60cm水槽であれば、2213単体でも十分なことも多く、サブフィルターが必須になることもありませんが、サブフィルターを取り付けておくと、ろ過能力が大幅にアップしますので、メダカを100匹飼育しても、水質がかなり安定する感じですね。

ただし、初期の水槽であれば2213+サブフィルターは過剰な濾過になることもありますが、濾過フィルターは能力が高すぎて困るって事はありませんから、出費が痛いかもしれませんが、2213を追加で購入して、サブフィルターも取り付けると最高ですね。

 

 

サブフィルターは水槽クーラーが付けれない?

 

エーハイム2213にサブフィルターを取り付けると、ろ過能力が2倍以上にアップデートされますので、水槽の飼育水が安定しますから、多少の痛い出費にはなりますが、間違えてサブフィルターを先に購入した場合は、2213も購入してセットで使います。

ここで、知らない人には致命的な盲点がサブフィルターには存在するので、知っておいて欲しいのですが、2213に取り付ける事ができるその他の飼育器具は1つのみであり、簡単に言えば、サブフィルターがあると、水槽クーラーを取り付ける事が出来ません。

水槽クーラーを取り付ける場合、それ用に別途で2213本体が必要になりますから、サブフィルターと直結している2213の場合、水槽クーラーが必要になったら、水槽クーラーと合わせて2213も追加しないといけませんから、それなりの出費になります。



スポンサードリンク