ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

メダカもエビも大好き?冷凍アカムシを与える際の注意点

メダカもミナミヌマエビも大好きな生餌の中に冷凍アカムシがありますし、この餌はアカムシをブロック状にして冷凍させている餌になりますので、とにかく食いつきが良い餌なのと栄養価が大変高いことから、積極的に冷凍アカムシを与える人も多いですね。

ただ、冷凍アカムシには若干の注意点があって、特にインペリアルゼブラプレコの飼育をしている人でしたら、ご存知の人もいると思いますが、あまり頻繁に冷凍アカムシだけを与えてしまうと、魚の内臓に負担をかけてしまう事があるので要注意なのですね。

冷凍アカムシは1ブロック単位で冷凍されていますので、それをそのまま水槽にドボンと投入するわけですが、魚というのは餌があれば満腹で動けなくなるまで目の前の餌を食べ続ける事が多いのは自然界ではいつも餌が食べれる環境では無いからなのです。

スポンサードリンク


 

 

メダカもエビも大好き?冷凍アカムシを与える際の注意点。

 

冷凍アカムシは本当に食いつきが良くて栄養価が高い生餌故に、それで何度も冷凍アカムシを与えている人もいるのですが、冷凍アカムシには栄養価の高い生餌故に特有のデメリットがありますので、それを把握した上で冷凍アカムシの運用をするのがお勧め。

冷凍アカムシのメリットは食いつきがよく、あらゆる魚やエビが好んで食べることから、殆ど万能な餌なのですが、それ故に水を極端に汚してしまう事が多く、万が一食べ残した赤虫がある場合、急激に水を汚してしまい、最悪はヒドラが発生するわけです。

ヒドラについては、普通に水槽を管理していると発生することはなく、正直私は一度も水槽内にヒドラが発生したことはないのですけど、冷凍アカムシを大量に与えている人の話では、水槽内にヒドラが発生しやすくなるので、食べ残しは直ぐに除去が必須。

 

 

冷凍アカムシを与え続けると内臓疾患を起こしやすくなる?

 

これもインペリアルゼブラプレコの飼育と繁殖をしている人でしたらご存知の人も多いのですが、インペリアルゼブラプレコはプレコながら草食系タブレット以外にも冷凍アカムシを好んで食べるプレコなので、早く成長させたいのでついつい餌をやりすぎ。

スポンサードリンク



その結果、冷凍アカムシだけを大量に与えていると、インペリアルゼブラプレコは内蔵疾患を起こしてしまうことが多く、草食系タブレットだけを与えている個体よりも寿命が短くなったり、突然死してしまうこともあるので、冷凍アカムシだけは駄目です。

メダカやエビも同じで、水槽に冷凍アカムシのカチンコチンに固まったブロックを水槽に入れると、想像以上に大量の赤虫が水槽の水で溶けてバラバラに水槽内に沈んでいきますがそれをみたメダカやエビは飛びついて必死になって食べ尽くす事になります。

 

 

冷凍アカムシを与える時は週数回程度でろ過フィルターを強力に。

 

冷凍アカムシは適度に餌として与えると、栄養価が高く産卵や成長行く際などを考えると大変効果が高いので、餌のメニューに加えてローテーションをして運用すれば、メダカやエビの飼育や繁殖をする際には最適なのですが、注意点を知っておくとお得です。

とにかく、冷凍している赤虫のブロックには想定以上の多くの赤虫が冷凍されていますので、相当食いつきは良いのですが、万が一食べ残しなどが発生した場合は、早急に水槽から除去することと、基本的なろ過フィルターの強化が必須になるということです。

冷凍アカムシを大量にやりすぎってくらい与えている人ならご存知でしょうけど、冷凍アカムシを過度に与えていると、水槽内にヒドラが発生しやすくなると言われていますから、冷凍アカムシオンリーってのは控えて餌のバリエーションを増やしましょう。

ろ過フィルターの強化する際にはエーハイム2213を追加しておけば、大幅にろ過能力はパワーアップしますし、万が一容量がそれでも足りない場合は、サブフィルターを追加すれば良いですし、60cm以下の水槽なら2213があれば冷凍アカムシでも余裕です。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme