ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ミナミヌマエビの産卵に適した餌は冷凍アカムシとあの餌?

ミナミヌマエビの飼育をしていると、次第に繁殖に興味を持つようになり最終的には増えすぎて困ってしまう状態になるのがいつものお約束のパターンになる訳ですが、ミナミヌマエビが増えすぎて困るのは最終段階の為、初めての頃は結構飼育が難しいです。

水合わせに失敗したり、水流が強すぎたり、ろ過フィルターが機能していなかったり、色々とトラブルを重ねながら最終的にはミナミヌマエビが増えすぎて困る状態になるまでにはそこまでの時間は掛かりませんから、飼育と繁殖の両方を楽しみましょう。

そこで、ミナミヌマエビをある程度死なせない状態で飼育ができるようになった際には、そろそろ繁殖の成功が次のステップとして待ち構えている訳ですが、ミナミヌマエビをより産卵させやすくする為の餌は何が良いか?、色々と考えてしまう訳ですね。

スポンサードリンク


 

 

ミナミヌマエビの産卵に適した餌は冷凍アカムシとあの餌?

 

ミナミヌマエビは別に餌を与えなくても水槽の中で自然発生する苔や微生物等を食べて育ちますし、メダカやネオンテトラなどに与えた餌のあまりをそのまま普通に食べて成長していきますので、飼育のみの話なら特別な餌をあえて与える必要はありません。

ただ、繁殖になると話が若干変わってきますので、栄養価の高い餌を大量に与えていたほうがミナミヌマエビの成長速度も早くなり繁殖をしやすくなりますが、生き物の産卵というのは最もエネルギーを使う行動なので、栄養価の高い餌が重要になります。

そこで、ミナミヌマエビの産卵をより促す餌としては、栄養価の高い冷凍アカムシが結構よくて、冷凍アカムシはメダカなどの小魚も喜んで食べる万能の餌ですから可能であれば冷凍アカムシを与えていき、合わせてザリガニの餌も与えておくとより安心です。

 

 

冷凍アカムシだけだと不便なので格安のザリガニのエサがお勧め。

 

ペットショップで販売されている冷凍アカムシは、そのままアカムシを殺菌して冷凍した餌ですから、大変栄養価が高くて魚やエビが好む餌の典型的であり、人工的な乾燥餌よりも食いつきが良くて産卵時には適した餌なのですが、取扱が若干面倒な餌です。

スポンサードリンク



何しろ、冷凍アカムシは見た目的な問題もありますが、冷凍庫で保管しないといけませんから、冷蔵庫をアクアリウム専用の所有している人ならいざしらず、冷凍アカムシを冷凍庫に他の食品と同じスペースに保存するのは意外に難しいことも多いからです。

そこで、扱いも容易で乾燥餌のため、パックの中で常温で保存ができるザリガニのエサを使えば、元々はザリガニのために作られている栄養価の高い餌なので、ミナミヌマエビの栄養補充にも役立ちますし、何より価格が格安で売られているのがポイントです。

 

 

ザリガニの餌だけでも十分にミナミヌマエビの爆発的繁殖が可能。

 

ミナミヌマエビを爆発的に繁殖させる要因としては、水温が25度以上であること、証明がきちんと管理されていること、ろ過フィルターが正しく機能していること等の基本的な要因に加えて、ミナミヌマエビのみの単独飼育をしていることが最も需要です。

これは、生まれたばかりのミナミヌマエビの稚エビはメダカやネオンテトラ等がいれば、格好の餌として認識されてしまい片っ端から食べられてしまいますので、それを防ぐために水草や流木などを大量にレイアウトして稚エビの隠れ家が必要だからです。

ミナミヌマエビの飼育に慣れているベテランはあえてミナミヌマエビの水槽にメダカやランプアイ等を飼育しておき、ある程度稚エビが捕食されて爆発的に増えないように管理をしていることが多いのですが、初心者の人は最初は単独飼育で繁殖がお勧めです。

あとは、餌を多めに与えていくと良いのですが、ミナミヌマエビが食べきれなかった餌の処理用に雑食のピンクラムズホーンを入れておけば水槽が安定しますし、ザリガニの餌は価格も安くて栄養価も高く扱いやすいので、こちらは必ず購入して利用します。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme