ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ビバホームで150円の荒木田土が売り切れで未だに購入不可

先月のお盆くらいに、屋外に設置している荒木田土水槽のフルリセットを行ったのですが、肝心の荒木田土がいつものビバホームで在庫切れになっていて、購入することが出来ず、劣化して撤去した荒木田土がないベアタンクの状態で水槽を放置しています。

荒木田土は寿命が半年から1年ほどしなくて、ソイルよりも厳密に交換をしないと、黒いドブ状態になってしまい、凄まじい悪臭を放ちますから定期的なリセットが必須になるんですけど、いつもは必ず売り場にあった荒木田土が最近は在庫切れになってます。

それから荒木田土水槽でメインで飼育していたドジョウ達が、壊滅的な被害を受けてしまい死んでしまう状態になってしまっていたので、原因はよく分かりませんが荒木田土を撤去してベアタンクにしたのが原因だと思われるので、早く入手したいところです。

スポンサードリンク


 

 

ビバホームで150円の荒木田土が売り切れで未だに購入不可。

 

荒木田土ってかなり重さがありますので、10リットル位購入した場合、普通の人なら手に持って歩いて自宅に移動するのは不可能な位になりますから、車やバイクで買い物に出かけないといけなくなるので、毎回ネットで購入している人も多いと思います。

ただし、ネットで購入した場合、荒木田土って正直この金額ってどうなの?って価格設定になっていることも多いですし、ホームセンターのビバホームで購入すれば2リットルが150円(税別)で購入できますから荒木田土を購入するならネットよりも店舗。

なんですが、最近ビバホームでは荒木田土が売り切れになっていることが多く、8月下旬に入荷すると言われていたのですが、今月ビバホームに行ってみたら、やっぱり荒木田土だけが売り切れになっていたので、未だに屋外の水槽はベアタンクになってます。

 

 

園芸コーナーでマイナーだった荒木田土が人気で複雑な気分。

 

ビバホームというのは、東京圏で営業をしているホームセンターのことですから、コーナンとかと品揃えは殆ど変わらないのですが、ホームセンターでは必ず用意されている園芸コーナーで荒木田土はひっそりと山積みにされて売られていることが普通でした。

スポンサードリンク



人気なのは黒土とか赤玉土、腐葉土などで、これらは展示されている数も多く種類も豊富なので、園芸用の土としては大変人気があるのがわかりますけど、荒木田土は園芸用としては一体何に使うのか?ってくらいマイナーだったのですが最近変わってますね。

あと、最近ビバホームには中々買い物に行く機会がなくなってしまっているので、以前のように定期的に行かなくなってしまったことも関係あるのかもしれませんが、荒木田土はネットで購入するよりも実は近くのホームセンターの方が圧倒的に安いのです。

 

 

ネットで購入するよりもホームセンターの方が安い荒木田土。

 

荒木田土って基本的には田んぼの土ですから、ソイルのように焼きを入れる手間暇もいらず、元手はタダみたいなものなので、2リットルで150円ってお得な価格で売られているわけですが、他のあらゆる土よりも重たい事から、先ず2リットルで売られます。

それでも、この荒木田土を郵送した場合、大きさはそれほど大きくはない2リットルサイズなんですけど、重さが半端なく重いですから、どうしても郵送で扱いにくい商品になっていることから、大量にまとめて仕入れることが出来るホームセンターが有利。

今はAmazon等のネットショップが圧倒的に有利になっていて本屋や小売店等が潰れているって話なのですが、荒木田土のようにその重さ故にネットでは扱いにくいし、元々単価も安い荒木田土については、昔ながらのホームセンターが一番お得になります。

ただし、最近、荒木田土が品切れ状態になっていることが多いので、何とかビバホームには改善していただきたいところですが、屋外でのドジョウやタニシの飼育、後はスイレン鉢で植物を力強く育てる以外には用途がない土がメジャーになると嬉しいところ。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme