ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

1万円前後の高額メダカよりも白メダカの飼育がお勧め

最近、やたら価格が高い定価1万円前後のメダカが売られているのを見るのですが、正直言って、このタイプのメダカを購入するよりも白メダカを購入して飼育したほうがお勧めで、白メダカも安いわけではありませんが、一匹1万円はしませんので割安です。

一匹1万円前後のメダカですが、独特の色をしているメダカであることが多く、1万円までいかなくても3000円とか5000円とか、一般の人が見れば信じられない位の高額な価格帯に設定されていることが多いですから、皆さん驚く人の方が多いくらいですね。

その点、白メダカは1匹100円前後ですから1匹20円位のヒメダカと比べたら割高ですが、それでも100円位なら10匹セットで1000円もあれば普通に繁殖させる位の個体数を購入できますし、飼育難易度も1万円前後のメダカよりは全然イージーモードです。

スポンサードリンク


 

 

1万円前後の高額メダカよりも白メダカの飼育がお勧め。

 

価格が1万円のメダカなら資産価値があるので、断然相場が高いメダカを購入して育てたら儲かるって安易に考える人もいるのですが、実際には世の中の殆どの人がそのような高額なメダカには関心がなく、白メダカのほうが価値があると思っている感じです。

白メダカについては、メダカの育成に全く興味がないガーデニングをやっている人、日本料理店の経営をしている人などにも印象が良くて、実際に白メダカなら欲しいなって意見を聞くことが多く、やはり白い魚ってのは何処にいっても好かれる傾向ですね。

メダカについては最終的には増えすぎて困ってしまう位に爆発的に増える魚ですから、白メダカも最初は飼育が難しいとはいえ、慣れてくるとこれ以上増えたら困るって状態になりかねませんので、そこで譲渡先を探す際に白メダカが一番譲渡しやすいです。

 

 

メダカに全く興味がない人でもウケが良いのが白メダカの特徴。

 

最近のメダカの高額化、ブランド化について、実際には世の中の殆どの人が関心がなく、1匹1万円前後のメダカであっても、タダでもいりませんってのが普通の人の反応で、模様が珍しいとかアクアリウム業界内の意見などは殆どの人が興味なしですね。

スポンサードリンク



その点、白メダカの場合、これまでも白メダカなら欲しいのでくださいって相談をされることが多く、高級日本料理で大きな瓶等に緑色のグリーンウォーターを入れて、睡蓮などをレイアウトして、白メダカを入れているとお客さんへの印象も良いとのこと。

ガーデニングに興味を持ちハマっている主婦の人でも、白メダカがほしいって人が多くて、ヒメダカとか黒メダカはいらないですって感じで、これまでも増えすぎたメダカの譲渡をする際に白メダカがダントツで人気でしたので、増えても困りにくいですね。

 

 

最初はすぐに死なせてしまうけど慣れてくると安定する白メダカ。

 

誰がどのようなメダカを購入しようが自由ですから一万円前後のメダカが欲しければ購入すればよいですし、愛着があるならドンドン購入すれば経済が回りますので良いのですが、単に高いから1万円前後のメダカを飼育したいと思っているなら考えましょう。

白メダカのデメリットは、ヒメダカよりも価格が割高なことや、初期導入時に上手く繁殖させないと弱い個体が多いので、子孫を増やすこと無く全滅してしまうことがあることくらいで、後は安定すると容易には死なない個体ばかりになり爆発的に増えます。

そして、限界まで水槽を増やしていくと、最終的には増えすぎて困ることになるのですが、引き取り手が最も多くメダカに興味がない人でも欲しがるのが白メダカになりますから、どれだけ増えても困ることがないことや、純粋に綺麗なのでお勧めしています。

後、白メダカについては、巨大なワカサギみたいな5cmをこえているのでは?という個体、ピンポンパールみたいなまんまるのメダカが生まれやすいようで、後はピンク色のメダカをヒメダカの掛け合わせで作れそうですから、繁殖をさせるのも面白いです。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme