ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

アクアリウム初心者が90cm以上の水槽を購入する際の注意点

日本の住宅事情を考えると、安定した飼育を考えた最も適切な水槽のサイズは60リットル近い水量をキープできる60cm水槽になりますので、実際に日本では60cm水槽が最も売れている水槽になっている訳なんですけど、安定感だけで言えば90cm水槽です。

90cm水槽になると、初心者の人であっても安定して魚やエビを飼育できる約150リットル前後の水量をキープできますし、大型のろ過フィルターを取り付けることになりますから、60cm水槽と比較した場合、桁違いの安定した水槽環境を維持できる訳です。

もちろん、更に大きな150cm水槽になればもっと安定した環境で飼育できますから、飼育だけを考えれば初心者の人であるほど巨大な水槽を用意すれば、より簡単に安定した飼育をすることができる訳ですが、実際には初心者の人は60cm水槽が一番適切です。

スポンサードリンク


 

 

アクアリウム初心者が90cm以上の水槽を購入する際の注意点。

 

水槽は大きいほど安定して魚や水を飼育できますから、予算が許すのであればなるべく大きな水槽を購入したほうが良いことに間違いはないのですが、実際に90cm以上の水槽を自宅に設置してみれば分かりますが、本当に巨大で設置場所の確保も大変です。

また、150cm以上の水槽になると、部屋が一つ水槽部屋になる位の感覚になりますし、24時間エアコン管理で室温を25度固定にしたり、オーバーフロー特有の騒音が発生したり、何より水換えが大変で専用のポンプを使って長時間かけて水換えを行います。

アクアリウム初心者の人が何を飼育したいのかにもよるのですが、最初に魚やエビを飼育する場合、60cm水槽で飼育できる魚やエビを選ぶのが好ましく、専門業者にメンテナンスを依頼する場合を除き、水槽が大きくなるほど管理が大変でお金もかかります。

 

 

90cm以上の大きさの水槽はもしもの時の火災保険加入は必須。

 

30cmクラスの水槽が割れてしまって水漏れ事故が発生した人ならご存知かもしれませんが、相当な量の水が周辺に飛び散りますので、それは大変な状況になりますし、最悪マンションなどの場合は下の階に水漏れしてしまい、損害賠償等が普通に発生します。

スポンサードリンク



しかし、90cm以上の水槽になった場合、水槽が割れてしまった場合などには150リットルから1トンクラスの大量の水が飛び散ることになりますので、その際の被害は甚大で損害賠償の金額も半端ではないくらいの金額になりますので、火災保険加入が必須。

あと、90cm以上の水槽の管理をやっているとよくやってしまう事故なんですが、これ以上の大きさの水槽になると60cm水槽のようにバケツで気軽に水換えをするのが大変になるので、ポンプを使ったり、蛇口からホースで直接水換えを行うことになります。

 

 

ベテランでもたまにやってしまう水換え時のうっかり水漏れ。

 

60cm以下の水槽でしたら、プロホースで水槽の汚れた水をバケツに入れて、新しい交換用の水を浄水器を通したバケツにくんで、それで人力でバケツで交換をしている人が多いと思いますが、90cm以上の水槽になるとそんな水換えでは時間がかかります。

ですから、風呂用のポンプを使って水を直接風呂場などの水を処理できる場所に排水をして、逆に新しい水はホースを水道水の蛇口に接続をして、直接水槽に流し込む方法を取るのですが、これでよくやってしまうのが、うっかりしてその場を離れることです。

そうなると、永遠に水が水槽から排水されたり、逆に永遠に水槽に水が投入され続けることになり、水がなくなるとヒーターが空焚きしてしまったり、水が増えすぎると水槽から水があるれることになり、大きな事件として扱われてしまうことすらあります。

水が溢れてしまった場合、マンションの場合は下の階に大量に水が漏れてしまうことになり、火災保険に加入しておかないといくら請求されるか分からなくなりますし、地震で水槽が破損した場合であっても同様なので、大型水槽にはリスクが付きまといます。

ただし、正しい知識があって火災保険にも加入しておりリスク管理が出来る人であれば、大型水槽は水量が桁違いに多いので、大型魚や巨大なネイチャーアクア等を楽しめますし、水質が安定することにより、幻想的な素晴らしい理想の水槽環境になります。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme