初心者の方なら60cm規格水槽を最初に購入|30cm水槽よりも安い?

日本の住宅事情を考えると、水槽を室内に設置する場合は、60cm規格サイズの水槽が最大サイズになることが多く、それ以上の90cmサイズクラスの水槽の場合は余程の覚悟がない限りはなかなか購入できるものではありません。

90cm水槽というのはペットショップの広い店内で見たら小さく見えるかもしれませんけど、それを自宅に持ち帰った場合は、想像以上の大きさになりますから、90cm以上の大きさの水槽を購入する場合は事前に設置可能かどうかを必ず検討しないといけません。

可能であれば60cm規格サイズの水槽が最も売れているサイズの水槽ですから、周辺機器も安くて種類も豊富にあるため、何をするにしても便利ですので初心者の方であれば60cm規格サイズの水槽を購入する事をお勧めいたします。

スポンサードリンク


60cm規格サイズの水槽というのは横幅が60cm、奥行きが30cm、高さが36cmの水槽のことで、事実上このサイズの水槽が日本では標準サイズの水槽として定着しています。

 

 

60cm規格サイズの水槽は初心者にこそお勧めできる水槽なのです。

 

一般的に、初心者の方であれば、最近やたら人気がある小さな30cmキューブタイプの水槽が適切であると思われるかもしれませんが、実際はそうではありません。

水槽というのはサイズが大きいほど飼育する魚やエビにとっては良い環境になるため、可能であるなら300cmの大型水槽を購入した方が良いのですが、そのような事は普通の人にとっては現実的ではありません。

自宅に設置できないとか、価格が高すぎて購入できないような特殊な水槽を見ていても全く意味がありませんから、自宅の設置場所と予算を見ながら可能な範囲で大きい水槽を購入することになります。

水槽のサイズが大きくなると、それに比例して濾過フィルターなども巨大になる為、機材自体が高額になりますし、メンテナンスも維持費も大変ですから、それに合わせて60cm水槽が適切なご家庭が多いのです。

例えば、60cm水槽や30cm水槽の場合は、濾過フィルターにエーハイム2213を使う事になるのですが、90cm水槽の場合はエーハイム2213では濾過能力的な問題がある為、もっと大きいエーハイム2217などが必要になります。

 

 

30cmキューブ水槽よりも60cm規格サイズの水槽の方がコストが安い?

 

一見して安く見える30cmキューブ水槽であっても、飼育に必要なすべての周辺機器を揃えていると、実は60cm規格サイズの水槽よりも高額になることが殆どですし、その後の維持費については殆ど同じくらいです。

だったら、水量が3倍位の60cm規格サイズの水槽の方が、水量が多い分、水質の管理が楽になり水質も安定しますし、周辺機器も豊富で価格も安くて入手がしやすいのであれば、そちらを購入した方が良いに決まっています。

30cm水槽と60cm水槽の違いは、設置する場所があるかないかだけの話になりますから、購入時の費用やその後の維持費については、殆ど同じである為、可能であれば60cm水槽を購入した方が良いという事です。

スポンサードリンク



また、水槽の飼育器具自体のコストは殆ど同じであっても、その後に水槽内で飼育をする魚やエビの生存率が全然違いますので、生存率が高い60cm水槽を選んだ方が良いのです。

実際には、水槽などの飼育器具よりも、その中に入れで飼育をする魚とかエビの方がたくさんの費用がかかる事が殆どであり、それが短期間で死んでしまうようでは、結果的にお金がかかってしまうのです。

水槽で魚とかエビの飼育をする場合は、水槽の中で育てる生体の生存率についてもよく考えて購入するようにしましょう。

 

 

60cm水槽でも価格が30万円前後の脅威のADAのキューブガーデン・スペリア

 

一般家庭で購入するには、60cm水槽が最も良いサイズである事は分かったので、ペットショップやネットショップで購入しようと思って見てみると、あまりに沢山の種類の60cm水槽がある為、どれを購入して良いのか分からない人もいるかもしれません。

そもそも、60cm水槽自体が日本で最も普及しているサイズの水槽ですから、当然そのものの種類も豊富であり、メーカーも価格も大きさもかなり違っていますから、どれがいいのか分からない人が多いのです。

高いものであれば、ADAと言うメーカーの「キューブガーデン・スペリア」という60cm水槽でしたら何と税込みで30万円前後の販売価格になりますから、驚かれる方も多いかもしれません。

http://www.adana.co.jp/jp/contents/products/na_tank/detail01.html

初心者の方で、メダカとかミナミヌマエビの飼育をしようとして、いきなりADAのキューブガーデン・スペリアを購入する人は余程の富裕層の人くらいでしょう。

普通の人は、60cmの水槽一つに30万円前後の予算など出せませんから、照明や濾過フィルターとのセットで10000円前後の60cm水槽を選ぶはずです。

 

 

初心者が最初に購入すべき60cm水槽とは一体どの水槽?

 

その際にオススメになるのが、全面曲げガラスのニッソーの「NEWスティングレー」60cm水槽であり、上部に枠が付いている為、地震があっても水漏れがありませんし、扱いやすくて、魚とかエビの飼育には向いています。

ただし、枠付き水槽の場合は、エーハイム2213などの給水ホースがつけにくいといった状態になる為、標準セットでも何とか吸盤をガラス面にくっつける事はできるのですが若干のコツがいります。

それが面倒な人は、ADAのキューブガーデン・スペリアのような感じで、5000円前後の枠無しのガラス水槽にしておけば、エーハイム2213などの濾過フィルターのパイプを簡単にガラス面に吸盤でくっつける事ができます。

水草重視で、地震の際の水漏れの問題がない人であれば、ADAのキューブガーデン・スペリアのような水槽を選んでおくと、デザイン的には優れています。



スポンサードリンク