ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

水槽の中で魚が喧嘩している場合はどうすれば良いの?

アクアリウムを初めて水槽を設置した際にはメダカとかネオンテトラ等、定番で価格が安くて小さく丈夫な魚を購入する人が多いのですが、最初はうまく飼育ができなくても、経験を積んで慣れてくると飼育だけではなくて繁殖も出来るようになります。

ただし、カラシン系ネオンテトラの繁殖はかなり敷居が高くなっていますので、メダカを繁殖させるような感覚で増やすことは出来ませんから、ネオンテトラの繁殖が成功するまでにはアクアリウムについての経験を時間をかけて積んでいかないといけません。

繁殖が難しい魚は別ですが、大抵の小さな小魚の場合、水槽が安定してきて天敵がいない場合は、ほぼ確実に増えていきますので、そうなると他にも新しい魚を追加して水槽をより充実させた環境にしていきたいものなのですが、そこである問題が発生します。

スポンサードリンク


 

 

水槽の中で魚が喧嘩している場合はどうすれば良いの?

 

そのある問題というのが、水槽の中に色々と魚を追加していった結果、頻繁に水槽の中で飼育している魚達が他あたりをして喧嘩をしているって状態になってしまいますので、水槽を見る度にまた喧嘩をしているけど大丈夫なのか?不安になってしまいます。

これは、全く関係ない領域で活動をしている底面のドジョウと中間位を泳いでいるメダカが喧嘩をすることはありませんし、全く違う種類の魚どうしが喧嘩をする事も殆どないのですが、大抵はプレコ同士とかメダカ系同士等、同じ種類の魚が喧嘩をします。

多くの魚は水槽の中で自分が活動をする縄張りを持つことになりますので、色々と魚を水槽に追加していくと、同種間同士、似たような種類の魚どうしで縄張り争いを始めることになりますから、これを防ぐには水槽を大きくするかもう一つの方法ですね。

スポンサードリンク



 

 

中間層から上層を泳いでいる魚が喧嘩をする場合は個体数を増やす?

 

メダカのように水槽の中間層か上層を泳いでいて、縄張り争いをする傾向にある魚が喧嘩をしている場合、解決方法としては水槽を大きくするのが良いのですが、それが出来ない場合は、意図的に水槽の中の魚を増やすって方法を取れば喧嘩をしなくなります。

これは、メダカが水槽内で縄張り争いをする以前に、余りに多くのメダカが水槽の中にいることにより、流石に縄張り争いが出来ないことをメダカが認識するのか、ピタッと縄張り争いをしなくなりますから、上手くやれば喧嘩をすることはなくなります。

ただし、意図的に飼育する魚を増やすということは、ろ過能力が高い状態で水質や水温が安定している環境を維持しないといけませんので、それが出来ていない場合は一気に水質が悪化してしまい、最悪は飼育しているメダカが全滅してしまう恐れもあります。

 

 

プレコなどの底物の魚が喧嘩をする場合はシェルターを増やす?

 

一方でプレコなどの底物の魚が喧嘩をする場合は相当な注意が必要で、単に縄張りに入った相手を追い払うだけのメダカなどは異なり、相手が死ぬまで体当たりを繰り返すなどのかなり過激な行動を繰り返しますので、底物の縄張り争いには注意が必要です。

この場合、土管とか流木や石などを大量に水槽に投入してそれでバリケードを作っておけば次第に喧嘩をしなくなり、その土管や石や流木の隙間を縄張りとして安定して飼育ができるのですが、特にプレコ系は相性とか縄張り争いが過激になる傾向にあります。

ただ、メダカ系の飼育している魚を極限まで増やすとか、プレコなどの底物のシェルターを増やすって方法にも限度がありますので、一番良い方法は水槽を大きくするか追加していったほうが良いですから、それが最善の解決方法であるのは間違いありません。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme