ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

レッドビーシュリンプとミナミヌマエビは共同飼育可能?

ミナミヌマエビの飼育を初めて、ある程度繁殖まで成功している人からの相談なのですけど、そろそろミナミヌマエビの飼育には慣れてきたので、次にレッドビーシュリンプの飼育にも挑戦したいけど、そのまま同じ水槽で飼育することは可能?という内容。

結論から言えば、ミナミヌマエビとレッドビーシュリンプを同じ水槽で飼育することは可能なのですが、長期的なレッドビーシュリンプの繁殖までを目的としている飼育であれば、出来れば止めておいたほうが良くて、別の水槽で飼育をするのがお薦めです。

ミナミヌマエビとレッドビーシュリンプの飼育環境ですが、同じ淡水エビであることから、飼育難易度や環境などはレッドビーシュリンプの方がシビアですけど、水温を25度固定にしている環境であれば、どちらも全く同じ環境で飼育することが可能です。

スポンサードリンク


 

 

レッドビーシュリンプとミナミヌマエビは共同飼育可能?

 

最初にミナミヌマエビの飼育と始めた人が、だんだんと慣れてきて繁殖まで行える状態になった際には、結構多くの人が次にレッドビーシュリンプの飼育を始めようと考えている人も多く、若干値段は高いですけど、入手も容易で飼育も難しくありません。

しかし、ミナミヌマエビとレッドビーシュリンプの根本的な違いを見れば分かりますが、ミナミヌマエビは体がレッドビーシュリンプよりも大きくて、繁殖力も大変強いことから、同じ環境で同じ属性のエビ同士を飼育した場合、必ず衝突が発生します。

繁殖力が強いミナミヌマエビは当然ですが、レッドビーシュリンプよりも繁殖がしやすくて、更には汚れた水にも強く、水温の適応範囲も広いことから、最終的にはミナミヌマエビだけが水槽に残って、レッドビーシュリンプは全滅してしまうことが多いです。

 

 

ミナミヌマエビはレッドビーシュリンプよりも全てにおいて強いエビ。

 

ミナミヌマエビは元々日本原産のエビですので、日本の環境に適応しているため、水槽用ヒーターや水槽クーラーが無くても飼育も可能ですが、レッドビーシュリンプの場合は、元々は香港原産のビーシュリンプというエビですから、暑さと寒さに弱いです。

スポンサードリンク



また、ミナミヌマエビは大変汚れに強いエビになることや、餌も何でも食べて成長をしていくため、レッドビーシュリンプよりも全てにおいて強いエビになっていることから、これらのエビを同じ水槽で飼育すると、どちらが駆逐されるのかは明らかですね。

相当大きな水槽であれば、ミナミヌマエビとレッドビーシュリンプも共存できるか?と思うかもしれませんが、150cm水槽などでミナミヌマエビを飼育した場合、凄まじい勢いで繁殖をしていき、あっという間に水槽の中がミナミヌマエビだらけになります。

 

 

レッドビーシュリンプの飼育と繁殖は単独飼育が好ましいです。

 

ミナミヌマエビは繁殖力が大変強いので、メダカの飼育水槽で同時に飼育をすることも多いですし、大量に誕生する稚エビがメダカの餌になりますので良いバランスで飼育が可能になるのですが、これはミナミヌマエビが価格が安くて増やしやすいからです。

レッドビーシュリンプの場合は、繁殖力は決して強くなくて、水質の変化に弱く、夏場は水槽クーラー、冬場には水槽用のヒーターが必要になりますし、体の大きさもミナミヌマエビよりも小さい事や、価格が高いエビ故に長期は単独飼育が基本になります。

レッドビーシュリンプの飼育環境については、水槽クーラーが必須になることから、どうしても費用的なコストが掛かってしまうことが多いのですが、その環境が良いできればミナミヌマエビもメダカも快適に飼育ができるとは言え、単独飼育がお薦めです。

レッドビーシュリンプの場合は、増えすぎても困るってことがなく、ネットオークション等でも安定した価格で売れることが多く、1匹200円で売れますから大量に増えすぎたレッドビーシュリンプの処分に困ることがないのもミナミヌマエビとの違いです。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme