ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

増えすぎたラムズホーンをエビの餌として有効活用する方法

ミナミヌマエビとの相性がよい貝としては、ヒメタニシが国産の代表格であり、卵胎生で卵を水槽のガラス面に貼り付けるような行為はしませんし、大量に稚貝を生むこともありませんから、バランス的にもとても優れています。

しかし、ヒメタニシの長期的な飼育は草食系の餌しか食べないといった性質上、与える餌の問題で若干難しいものがあり、完全放置がちになり気味なミナミヌマエビの飼育水槽では、ヒメタニシが餌不足で餓死してしまうこともあります。

放置飼育していない水槽で、プレコタブレットやコリドラスタブレットを与えているような水槽であれば、それの残りを食べてくれるヒメタニシが餓死をするようなことはありません。

スポンサードリンク


しかし、キャットタブレットやクリルだけを飼育している魚やエビに与えているような水槽ではヒメタニシは、それらの餌を食べませんから直ぐに餓死してしまいます。

 

 

ヒメタニシがいる放置水槽ではエーハイムオートフィーダーが便利。

 

水槽が巨大であり、照明が強めでヒメタニシが好んで食べる苔が安定して発生する水槽でしたら放置でも問題はないのですが、ヒメタニシがいる水槽は大抵小さな水槽の方が多いのです。

ヒメタニシを安定して放置水槽で長期飼育する場合は、エーハイムのオートフィーダーを水槽にセットしておき、その中にコリドラスタブレットやプレコタブレットを入れておくとよいでしょう。

これなら、長期間にわたってもヒメタニシの放置飼育が可能ですし、それらの草食系のタブレットに関しても、殆どのエビや魚が食べますから水槽が汚れる原因になることもありません。

オートフィーダー自体はどのような魚やエビの飼育にも使えますし、複数の餌をセットして放置飼育することもできますから、自動エサやり機として一台は持っておくと便利です。

 

 

ピンクラムズホーンの飼育の問題はとにかく勝手に増えすぎる事

 

簡単そうに見えて、放置気味になる水槽でのヒメタニシの飼育は難しいのですが、そのような環境であっても安定して爆発的に増えていく貝がピンクラムズホーンになります。

ただし、ピンクラムズホーンというのは、卵を大量に産んでいくタイプの貝になりますから、水槽内のガラス面や水草などに気分が悪くなるほどの大量の卵を産んでいく事になりますので、それに抵抗がある方は飼育を控えた方がよいでしょう。

そして、普通の環境であれば、ミナミヌマエビよりも短いサイクルで爆発的に増えていく事になるピンクラムズホーンがあまりにも増えすぎて困ってしまう事になる場合があります。

数百匹、数千匹単位で稚貝が生まれてきますから、それを見た瞬間ショックで倒れそうになるかもしれません。その中で生き残るのは水槽サイズにあった適切な個体数になりますのでご安心ください。

スポンサードリンク



爆発的に生まれてきたピンクラムズホーンの稚貝が全て大人になったケースは見た事がありませんし、そのような状況になっている時点で、明らかに餌のやりすぎですから、そのような水槽はそのうち大量絶滅になる位危険な状態であると言えます。

 

 

増えすぎるピンクラムズホーンを有効活用する方法はないのか?

 

ピンクラムズホーンが爆発的に増えるたびに、何度水槽から駆除しても次から次から同じくらいの個体数に落ち着くピンクラムズホーンをもっと有効活用してみたいと思う人もいるのではないでしょうか?

いわゆる有り余る資源を廃棄するのではなくて、有効活用するというやつですね。

しかし、ピンクラムズホーンの有効活用といっても、ミナミヌマエビとは異なり釣り餌にも使えないし、大型魚の餌にも使えない、しいて使えるなら淡水フグの餌くらいですから、あまり現実的ではありません。

そのようにピンクラムズホーンが増えすぎて困っている人にお勧めの有効活用方法としては、ピンクラムズホーンをミナミヌマエビの餌として使う方法があります。

もちろん、ミナミヌマエビでなくても、レッドビーシュリンプの餌としても利用する事ができます。

では、どのようにしてピンクラムズホーンをミナミヌマエビの餌として利用するのかといえば、単純に餌として同じ水槽で飼育していてもミナミヌマエビがピンクラムズホーンを襲う事はありません。

 

 

ピンクラムズホーンをミナミヌマエビの餌として有効活用する方法

 

ミナミヌマエビは基本的にはボウフラすら襲えないくらいの大変温和な生き物です。

その為、ピンクラムズホーンをミナミヌマエビの餌として利用する場合は、水槽内のガラス面にへばりついて動いているピンクラムズホーンを割り箸で潰していけば、あとは普通にそのままミナミヌマエビの餌になります。

よって、必要な道具は多分、どの家庭でもあまりに余っている割り箸があればOKです。

ミナミヌマエビが水槽内で死んでしまったら、ミナミヌマエビやピンクラムズホーンがそのまま食べて綺麗にしてくれますし、ピンクラムズホーンを潰せばミナミヌマエビが綺麗に食べてくれるという訳です。

この有効利用の欠点としては、ピンクラムズホーンを潰す度に水槽が汚れてしまいますので、そちらの水質管理の注意をしないといけない事位ですが、普通に毎日数匹のピンクラムズホーンを潰す程度では全く問題はありません。

粉々になった貝殻以外は全てミナミヌマエビが食べてくれますから、定期的に水作のプロホースで水槽の底面に溜まった貝殻の破片やゴミを吸い出していけば問題はありません。

増えすぎたピンクラムズホーンの有効活用を是非ご利用ください。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme