ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ミナミヌマエビのブリーダーで利益を出すことは出来るのか?

アクアリウムを楽しむ場合、生き物を飼育する訳ですから管理方法を間違えると死んでしまったり全滅してしまったりしますし、管理方法が適切であれば繁殖に成功して個体数数を大幅に増やすことが出来ますので、うまくやればお金を稼ぐ事ができます。

簡単に言えばアクアリウムは誰でも簡単にブリーダーになれる可能性がある分野であり、犬や猫等のように大規模な設備も必要ありませんし、動物愛護法で保護されている生き物でもありませんから、管理については管理者が好きなように出来る訳です。

その為、飼育しているエビや魚を増やすことができれば、それで生活をすることが出来るかもしれませんし、実際にレッドビーシュリンプを飼育していて販売できるほど増やすことが出来た人は、それで家を立てたりお店を開店して商売を始めた人もいます。

スポンサードリンク


 

ミナミヌマエビのブリーダーで利益を出すことは出来るのか?

 

では、我らがミナミヌマエビの飼育をして繁殖に成功をしたらブリーダーとして、独立して生計をたてることが出来るのか?といえば、正直言ってミナミヌマエビをいくら増やすことが出来ても、それで独立をして生計を立てるのは大変難しいのが現状です。

同じ淡水エビでもレッドビーシュリンプの場合は、販売価格が大変高くて一匹200円から1万円以上でもお店で販売することが出来る単価が高いエビなので、状態が良い個体を増やせば増やすほど、儲けを出すことが出来るのですが、ミナミヌマエビは??

残念ながら、ミナミヌマエビはレッドビーシュリンプのように模様とか色が異なる個体を繁殖させるのは大変難しくて、それゆえに差別化も難しく更には1匹単位の単価も安いエビですから、大量に増やすことが出来ても高く売れないので商売にはなりません。

 

 

ミナミヌマエビはブリードするよりも捕獲したほうが安くつく?

 

レッドビーシュリンプの様に安くても1匹200円位で、高ければ1万円位で販売することが出来るエビの場合、増やせば増やすほど買い手が高く買ってくれますので、最近では以前のように高値では売りにくくなってきていますが、それでも商売になります。

スポンサードリンク



しかし、ミナミヌマエビは価格が安くて大変丈夫で、更には日本原産で自然界の河川や沼地などに行けば誰でも簡単に捕まえることが出来ますので、正直大量にミナミヌマエビをブリードしても、コストのほうが高くついて全然儲からないって状態になります。

その為、ミナミヌマエビを大量に販売している業者や個人などは、近くの河川とか沼地でミナミヌマエビを捕獲してからグラム単位で販売している人も多くて、そのため、スジエビ等も紛れ込むことが多いのですが、そちらの方が現実的な商売になるからです。

 

 

ミナミヌマエビの飼育と繁殖を商業ベースではしないほうが良い理由。

 

基本的にミナミヌマエビの飼育と繁殖については、完全に個人的な趣味の範囲で行ったほうが良いので、最初からミナミヌマエビの繁殖をして稼ぐぞって勢いで飼育をしてしまうと、殆どの場合で経費の方が上回ってしまい損をすることになるかと思います。

現在、個人レベルで繁殖をして利益になるアクアリウム環境で飼育することが出来る生き物といえば、レッドビーシュリンプとインペリアルゼブラプレコ位であり、その他のディスカスやグッピーなども商業ベースではで利益を出すのは大変難しい業界です。

アジアアロワナの繁殖を個人でされている人もいるのですが、アジアアロワナに関しては飼育をするだけでも相当な費用がかかりますし巨大な設備が必要で、アジアアロワナ自体も大変高額なので、繁殖をさせる場合は家が建つくらいの資金が必要ですね。

 

 

ミナミヌマエビを繁殖させて儲けようとする考えはもやしと同じ?

 

ですから、ミナミヌマエビの飼育を始める前に増やしたらネットで販売して稼ぐぞって思っているのであればその考え方は変えておいたほうが良くて、あくまで趣味の範囲でミナミヌマエビの飼育と繁殖を楽しみ商売にはならないことを覚えておくと便利です。

ミナミヌマエビも大きな池などで飼育をすれば大量に増やすことは可能ですが、何しろ大量に増やしても単価が安いエビですので、もやしの栽培を個人でやろうとしているようなものですから買い手がいない以上、いくら増やしても価格は高くならないのです。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme