メダカの稚魚の飼育にエアレーションは必要なの?

メダカの稚魚の繁殖と飼育はそれほど難しくありませんので、・・・というよりも屋外でグリーンウォーターの大きめの水槽であれば、何もしなくても勝手にメダカの卵が孵化をして稚魚が育っていきますので、やり方を知っているかどうかだけの違いです。

ただし、室内環境でメダカの稚魚の孵化や繁殖を行う場合は、完全放置飼育で孵化までは行えるのですが、そこから先の稚魚を育てていく工程については、飼育者がきちんとエサを何度も与えて、水質や照明の管理をしていないと簡単に全滅してしまいます。

ここである疑問が発生することになるんですけど、メダカの稚魚を育てる場合、よくみかえるようなエアレーションが必要なのか?、エアレーションが無いと金魚のように酸欠になってしまうのではないか?と言った話なんですけど、実際はどうなんでしょう?

スポンサードリンク


 

 

メダカの稚魚の飼育にエアレーションは無い方が良いです。

 

メダカの稚魚の特徴としては水流を大変苦手としていますので、一般的な水槽セットについてくる上部式のろ過フィルターをセットして普通に飼育していると、あっという間に全滅してしまう位、水流がよくありませんのでエアレーションも必要ありません。

エアレーションをメダカの稚魚の水槽で使ってしまうと、それで発生する水流によって急激に体力を消耗してしまい、そのまま死んでしまいますのでメダカの稚魚を育てる水槽環境ではエアレーションが必要ないというよりも、水流が必要無いといえます。

サテライトでメダカの稚魚の飼育をする場合でも、循環している水流はなるべく控え目にして使うのがセオリーですし、サテライトの場合は数日に1回程度の割合でエアレーションで軽く水を巡回させても良いくらいなので稚魚にとって水流はよくないのです。

スポンサードリンク



※ただし、暑い夏場、寒い冬場の場合はサテライトは気温の変化を大変受けやすいので、水槽クーラーや水槽ヒーターが稼働している環境では、サテライトの水温が温度変化の影響を受けない位の水量を調整して循環させる必要があります。

 

 

メダカの稚魚の生存率を高める基本は水流が発生しない環境飼育。

 

メダカの稚魚を何回育てていても、すぐに全滅してしまう人の環境を見れば、大抵は急激な水流が発生している水槽環境である事が圧倒的に多いですから、メダカの稚魚の生存率を高める飼育をする場合は、水流をなるべく控える事を最優先に考えます。

稚魚の飼育全てに言えることなんですが、ろ過フィルターも別に必要ありませんし、ろ過フィルターを稼働させることにより、それの水流でメダカの稚魚に悪影響を与えることが多いわけですから、稚魚の飼育=水流を作らない環境の容易が最適なのです。

そのことを考えると、屋外水槽にてグリーンウォーターを作り、メダカの稚魚の生存率がやたら高くなるバケツなどの丸い容器で太陽の光を使った自然な飼育をするのが最適であり、どのような環境であってもエアレーションが必要になることはありません。

室内でメダカの稚魚の飼育をする場合は、サテライトLを使った飼育が最も適切であり、水流をできるだけ絞りながらも、本水槽にセットしているろ過フィルターで水を綺麗にしているので、殆どメンテナンスフリーで稚魚の飼育を行うことが出来ます。

もし、メダカの稚魚の水槽でエアレーションをセットしている人がいれば、それが原因で生存率が大幅に下がってしまう可能性がありますので、できるだけ早くエアレーションを取っ払って、なるべく水流が発生しない環境かサテライトを用意しましょう。



スポンサードリンク