ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ナチュラルフローパイプの汚れを自動で綺麗にする方法

60cmサイズの水槽に設置するろ過フィルターとして、最も有名なのがエーハイム2213ではないかと思いますし、これに異議する人もいないとは思うんですが、最近はチャームさんでも全く値下げセールをしなくなった為、数年前にお一人様1台限定で3000円前後で大量に買いまくっていた人の勝利になる感じでしょうか・・・。

何を隠そう私もその1人であり、数年前にはチャームさんが今では信じられないような大幅値引きセールをやりすぎだろうと思えるくらい頻発していた時期があり、その際には必要もないのに格安で売り出されるエーハイム2213を毎回購入していて、いつのまにやら倉庫にストックされていっていた時代です。

また、あのような3000円で2213が普通に何台も時代が来るといいんですけど、消費税が10%に増税されるとか、景気が悪いとか、年金が70歳からの支給になるとか、全く経済が良くなる状況にありませんので、今後はセール時であってもエーハイム2213は8000円位で買うしかない感じでしょうか?

スポンサードリンク


 

 

エーハイム2213の設置の際にはナチュラルフローパイプがお勧め。

 

エーハイム2213を購入すると、なれていない頃でしたら、最初はその設置が面倒な事があるんですけど、そのままの標準の状態では2213を循環して水槽に戻される際のシャワーパイプの水流が強すぎたり音がうるさかったり、30cm水槽の場合はシャワーパイプをカットしないといけなくなったりすることが良くあります。

この2213を30cm水槽に取り付ける際に、シャワーパイプをカットしないといけない問題では、毎回頭を抱えることになっていましたので、以前は色々と工夫をしながらこの2213のシャワーパイプの問題を解決していたのですが、最近ではエーハイムから純正で対策が行われることになりました。

そのシャワーパイプの問題対策としては、エーハイムから発売されているオプション品のナチュラルフローパイプを購入してシャワーパイプの代わりに取り付けるだけのとても簡単な取り付け方法で実現できますので、エーハイム2213をお持ちの方は購入されることをお勧めいたします。

スポンサードリンク



私が現在設定している全てのエーハイム2213には、こちらのナチュラルフローパイプを例外なく取り付けていますので、それでお勧めしない理由はまったくないと言った感じになりますし、もうシャワーパイプを使うことは二度とないでしょう。

このシャワーパイプなんですけど、エーハイム2213の標準パーツとして最初から組み込んでほしいんですが、それをするとエーハイムが儲からないので多分、別売りで売り続けるか、特別なセットバージョンを今後も売ることになるんでしょうね。

 

 

エーハイムのナチュラルフローパイプを自動で綺麗にする方法。

 

取り付けるだけでその効果を発揮するナチュラルフローパイプは大変便利なオプションになるんですけど、一つだけ問題がありまして、長期間使っているとコケまみれになることが大変多くて、その際には毎回取り外して定期的に臭いのきついコケを除去しないといけません。

ただ、このナチュラルフローパイプに発生するコケを自動で除去する便利な方法があるため、それをご説明したいと思うんですが、その方法とはとても簡単でピンクラムズホーンを数匹程度入れておけば、勝手にナチュラルフローパイプに発生する苔を綺麗に食べ尽くしてくれます。

ヒメタニシなどでは難しいんですけど、ピンクラムズホーンの場合、コケの臭いに反応して水面までいつもの方法で、上昇しそこからナチュラルフローパイプに取り付いて苔を食べ続けるので、本当にあっという間に信じられないほどコケがきれいになります。

この方法を使うには、ナチュラルフローパイプが半分以上は水中に浸かっていない状態でないと実現はできませんけど、ナチュラルフローパイプに発生する匂いのあるコケを自動で駆除したい場合は、ピンクラムズホーンにお願いしましょう。

ミナミヌマエビも頑張って食べてくれるんですけど、やはりピンクラムズホーンはこちらのナチュラルフローパイプに発生するコケが大好物のようでほんとうに綺麗に食べてくれますので、大変おすすめです。




アクアリウム費用を稼ぐ?→簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck


スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme