メダカの卵を購入したが孵化しない|原因と対策

先日、とある相談を受けたのですけど、なんでもメダカの卵を購入したものの、全く孵らない(孵化しない)ので、どうしたら良いのか?、と言ったご相談内容でした。

私もメダカの卵だけを販売している業者や個人がいるのは初めて聞いたんですけど、考えてみればメダカの卵の場合は輸送がとても簡単になりますので、ある意味金額次第ではありなのかな?、とも思ったりしています。

アマゾンで調べてみたら、確かにメダカの卵を販売している業者がありました。

スポンサードリンク


 

 

メダカの卵の場合は郵送時のトラブルが大幅に減る?

 

メダカそのものをネット通販する場合、途中で死んでしまうメダカが出ないように空気やガスなどを注入して、温度管理などもして、更に死亡到着時の補償も含めた対応をするのが普通ですが、卵の場合はその部分がかなり簡素化されます。

メダカの卵を郵送する場合、注意するのは温度管理くらいですから、その他の問題については海外に発送するなどして長期間にわたって光が届かない環境ならともかく、翌日に荷物が届く日本のインフラ環境でしたら、特に問題になることもありません。

よって、価格が安くて送料も安いのであれば、メダカの卵の通販は全然ありだと思うのですけど、その卵が全く孵化しないのでしたら、それは問題ですので、そちらについて原因と対策を考えないといけません。

スポンサードリンク



 

 

購入したメダカの卵が孵化しない理由とは?

 

メダカの卵の孵化というのは、あらゆる魚の中でもとても簡単な部類であり、単純に適正温度で、適正に光が照射される環境であれば、屋外の発泡スチロールに水を入れて放置しておけば勝手に孵化します。

ただし、孵化した後の稚魚に対しては、飼育者が粉末状のメダカの餌を定期的に与えないと、殆どが餓死してしまいますので、そちらについては別の話になるのですが、そもそも卵が孵化しないのであれば、その原因について考えないといけません。

 

 

業者が悪徳なのか飼育者が勘違いしているかのどちらか?

 

簡単に誰でも孵化される事ができるメダカの卵が孵化しない理由?、そちらについて考えられるのは、卵自体が無精卵だった場合ですが、そのような卵を売るような業者はさすがにいないでしょうし、無精卵は色が白っぽいので見ればすぐに分かります。

メダカの卵を購入して透明でない卵だった場合は、その時点で無精卵になりますから業者に連絡をして返金依頼すれば良いだけなのですけど、そんなことをする業者はいないと信じるしかありません。

では、通常の透明なメダカの卵が届いた場合、それで稚魚が誕生しないのであれば、まちがいなく飼育者側に問題があると考えるのが普通なので、その現認について考えてみることになります。

次回に続きます。



スポンサードリンク