ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

水道水を安心して水槽で利用する古典的な方法|一晩バケツで保管

日本の水道水は世界でも最も安心して人が飲むことが出来る大変珍しい環境にあるのですけど、日本だけでしか生活をしたことがない人はそれが当たり前で育っている訳ですから、あまり価値を感じないかもしれません。

しかし、蛇口から出てくる水をそのまま飲めるという事は世界的に見ればありえないことですから、このような感環境が用意されている日本という国の素晴らしさを今一度再定義してみるのも良いかもしれませんね。

東京の水道水とか大阪の水道水は、臭くて飲めたものではないとおっしゃる方も多いのですけど、それでも海外と違って水道水を飲んだら体調が悪化するとか、病院送りになることはまずありません。

スポンサードリンク


国によって若干異なるのですけど、水道水をそのまま飲める国というのは数えるほどしかありませんから、海外の水道水というのは本当に怖いのです。

 

 

人間がそのまま飲める水は魚やエビにとっても良い水なのですがカルキが問題。

 

日本の水道水はそのまま蛇口から出る水を飲むことが出来るくらいですから、その水を使えば水槽用の水換え用の水としては全く申し分がなくて、怪しげなウイルスとか病原体のようなものが入っていることはありません。

ただし、水道水にはカルキという化学物質が入っている為、これがメダカやミナミヌマエビなどの生き物にとっては大変有害な物質になりますから、水槽用の水として水道水を利用する場合は、このカルキを除去してからでないといけません。

カルキの除去というのはとても簡単であり、化学反応を起こしてカルキを瞬間的に除去するカルキ抜きを使うケースと、浄水器を通してカルキを濾し取ってから、カルキを限りなく薄くした水を使うケースの二つがあります。

 

 

高額な住宅は浄水器が建物全体の水にかかっていることもあります。

 

大抵はこのどちらかの方法で、水道水のカルキを除去してから水槽用の交換水として利用する人が大半であり、水道水の蛇口から出ている水をそのままバケツに入れてドボンをやる人はあまりいないと思います。

スポンサードリンク



建物によっては、建物自体に浄水器がついている場合がりますので、そういった住宅にお住いの場合は、蛇口から出てくる水は最初から浄水器を通している訳ですから、そのまま水換え用として利用しても全く問題がない場合があります。

一般的に浄水器をつける場合はキッチンで利用する水だけにかかっている人が殆どでしょうけど、お金がある人が住む住宅であれば、シャワーの水や風呂の水にも浄水効果がかかっていますので、都会のカルキ臭からは解放されるのです。

ただし、そういった物件は割高であることが殆どですから、世の中というのはどこに行ってもお金を沢山持っている人が有利になっているようです。

 

 

予算もないし面倒な人は古典的なバケツで一晩保管がとても簡単。

 

カルキを抜きたいのですけど、浄水器は持ってないしカルキ抜きを使うのも勿体無いといった人もいるでしょうけど、水換えは必ずしないといけませんから、何らかの方法でカルキを抜かないといけません。

その場合に水道水ではなくて川の水を使えば良いと思うかもしれませんが、自然の川の水をご自宅の水槽に利用するのは全くお勧めできませんので、カルキを除去した水道水を利用するようにしましょう。

どのような雑菌やウイルスを水槽内に持ち込んでしまうかわかりませんからね。

カルキを簡単に抜く方法としては、最も古典的な方法があり、それはバケツに水道水を入れておき、一晩待つだけで朝になったらカルキが抜けているといった方法であり、子供の頃にこのような方法で金魚の水換えをした人も多いのではないでしょうか?

カルキというのは時間が経過すると勝手に抜けていきますので、それを利用した何ともナチュラルで低コストなカルキを抜く方法になりますから、どなたでも簡単に実現することが可能です。

ただし、バケツの容量分しかカルキを抜いた水を用意できませんし、1日後でないとこの水は利用できないと言った致命的な問題もあるのですが、それで何ら差し支えないのであたら、バケツを使って交換用の水を確保しておくのも良いですね。

ダイソーに行けば税別100円でバケツがいくらでも売られていますけど、10リットルくらいの大きくて頑丈なバケツを探している場合は、ホームセンターに行かれるとどこでも売られています。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme