ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

エーハイム2213のろ材は水道水でダイナミックに洗浄|効率よいメンテ

水槽を維持する上で必ず必要になるのが、エーハイム2213のように水槽に設置して、水槽内の水を循環させて綺麗にしてくれる濾過フィルターになります。

太陽の光りが降りそそぐ屋外水槽なら、メダカやミナミヌマエビの飼育であれば自然と濾過ができる環境が構築されるため濾過フィルターは必要ありませんが、室内水槽の場合は必ず何らかの濾過フィルターが必要になります。

そこで、60cm水槽に最適なのがエーハイム2213のような外部式濾過フィルターになり、プレコや金魚のように極端に水を汚すタイプの魚でない限りは最もお勧めできるフィルターになります。

スポンサードリンク


逆に言えば、エーハイム2213はプレコや金魚の飼育には全く適していませんので、そのような場合なウールの交換やメンテナンスが容易な上部式の濾過フィルターを利用するようにしましょう。

何にでも完璧に対応している万能タイプのフィルターなどはありませんから、必ず何かが得意であれば何かが不得意になるのはお約束な話になりますね。

 

 

エーハイム2213のメンテナンスは結構面倒臭いのです。

 

上部式の濾過フィルターであれば、そのメンテナンスはとても簡単であり、蓋を開けて中に入っているウールを交換するだけでメンテナンスが完了しますし、ろ材の清掃などは滅多にしなくなくて大丈夫なのです。

しかし、これがエーハイム2213のような外部式の濾過フィルターになると話は一転してしまい、簡単に蓋を開けてウールを交換すればよい訳ではなくて、水槽本体から切り離して中身を取り出してからでないとウールの交換すらできない構造になっているのです。

そこで2213であれば中に入っているバスケットを引っ張り出して、さらにそのバスケットの蓋を開けてからウールの交換やろ材の清掃、粗めパッドの清掃などをおこないますが、この際によく言われているのがろ材は水槽の中の水を使って軽めにゆすぎましょうと言った話になります。

あまり強くすすいだり水道水を使ってすすいでしまうと、ろ材に吸着しているバクテリアがダメージを受けてしまうので、そうならないように水槽内の飼育水を使ってゆっくりとろ材の汚れをやさしく落とすというような感じですね。

実際にこの考え方や方法は間違っておらずとても正しいことであることには間違いないのですが、実際にこの方法でエーハイム2213のメンテナンスをしようとすると、水槽や濾過フィルターの数が多い人ほど本当に面倒で仕方がなくなるのが欠点です。

スポンサードリンク



 

 

2213のろ材は水槽の水でやさしく洗うでは時間が掛かりすぎて綺麗にならない。

 

水槽を何本も保有している人であるとか、2213を何台も設置している人であればよくわかると思いますが、2213の数が増えるほどメンテナンスは面倒になりますし、全てを水槽の水で洗浄するなどをしていたらあまりに効率が悪くなります。

2213本体やろ材の洗浄用に何度も飼育水を水槽から取り出してしまうと、水槽の水も足りなくなってしまいますからね。

そこで、お手軽簡単に2213をメンテナンスする方法というのは、水道水を使って勢いよくろ材やバスケット、本体内部を洗浄する方法であり、この方法で2213の洗浄をすれば短時間でとても綺麗かつ簡単にメンテナンスをすることができます。

ここでの注意点は、2213のすべてのろ材を水道水で勢いよく洗ってしまうと、流石にバクテリアに悪影響が大きすぎますから、洗うのは青色の粗めパッドの下側に設置している物理濾過用のろ材だけということですね。

この物理濾過用のろ材というのは相当な汚れが付着しているのが当たり前ですから、水槽の飼育水を使ってやさしく洗浄する程度ではなかなか綺麗になってくれませんので、この部分を水道水で勢いよく洗って綺麗にするような流れになります。

 

 

同じように見える2213の中のろ材も役割が全く違うことを理解しておいます。

 

青色の粗めパッドよりも上にある生物濾過用のろ材については飼育水を使って軽くゆすぐか、何もしない状態で再度設定し直せばよいだけですから、最も汚れている物理濾過層のろ材だけを勢いよく水道水で洗えばよい感じになります。

ご存知ない方もいるかもしれませんが、物理濾過槽のリング状のろ材というのは、その名の通り物理濾過をするために大きなゴミや汚れをこし取る目的で設置されていて、確かにろ材ですからバクテリアなども付着しますけど、生物濾過が目的ではありません。

この物理層のろ材に付着しているバクテリアが完全に死滅したとしても、生物濾過槽のろ材とは全く別に洗浄しますから問題もありませんし、汚れも綺麗に落ちますから、時間も短縮できて2213がより綺麗になりますのでおすすめです。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme