ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

チャームで3000円前後で購入した2213|倉庫に眠っていませんか?

室内に設置している水槽であれば、必ず必要になるのがご存知濾過フィルターになるのですが、その中でも小型の魚やエビの飼育水槽、水草メインの水槽などで大人気の濾過フィルターがエーハイムの2213になります。

何故、エーハイム2213の人気があるのかといえば、価格が安いことが絶対的な条件になっていて、以前であれば新品で3000円程度で購入できていましたので、その後の耐用年数やオプション品の多さ、扱い易さを考えると、これ以外の選択肢が正直言ってないくらいでした。

その為、エーハイム2213を一人で何台も保有しているなどは当たり前の状況になっていることが多くて、60cm水槽にも2機、3機のエーハイム2213を設置している人も珍しくはありません。

スポンサードリンク


最近では3000円前後で購入できる機会がめっきり減ってしまっていて、増税や円高の関係なのでしょうけど、安くても5000円以下で購入できることは殆どないようですから割高に感じますけど、それでもかなりお得な商品であることに変わりはありません。

 

 

購入し過ぎて倉庫で眠っているエーハイム2213も沢山あるのでは?

 

ここ最近、つい数年前までは、3000円前後でエーハイム2213が購入できていたことなど信じられないくらいの値上げが行われていますが、元々の定価は10000円を超えている訳ですから、以前が異常に安かっただけだとも言えます。

今後、消費税の増税や円高の関係で、エーハイム2213が3000円前後で購入できていた時代がやってくるとは到底考えにくいですし、今よりも価格が下がることは先ずないでしょうから、もし2213が必要であれば、早めに購入しておくのが無難です。

さらに値上げが行われることは間違いないでしょうから、必要であるなら早めに購入しておくに限るということですね。

丁度3年くらい前でしょうか、エーハイム2213が3000円前後でチャームさんのセールで購入できていた訳ですが、あまりにも頻繁にセールを行う為、セールの度にエーハイム2213を購入していた人も少なくありません。

スポンサードリンク



その結果、どうなってしまったかといえば、購入後に全く使うことなく倉庫に未開封で眠っているエーハイム2213がそれなりにあるのでは?といった話であり、実は私も数台の2213を倉庫にしまっているのをすっかりと忘れていたくらいです。

 

 

購入後に全く使っていない2213があれば有効利用をしましょう。

 

数年前の話ですけど、3000円前後という今では信じられないくらい安い金額で売られていたエーハイム2213ですから、その際に勢いでついつい過剰に購入し過ぎてしまった2213が倉庫に眠っているのでしたら、是非とも有効利用をするべきです。

多い人であれば数台の2213が倉庫の中で未開封のまま眠っている可能性もある訳ですから、トレジャーハンターのごとく、倉庫を検索してみるのも良いかもしれません。

倉庫に眠っている理由としては、既に室内に設置している水槽全てにエーハイム2213を取り付けていて、さらにはサブフィルターまで取り付けているような場合、もう設置する必要がないと判断されている感じでしょうか。

 

エーハイムプロフェッショナルよりも単純構造ゆえに耐久性が高いのが2213。

 

ただ、60cm水槽であっても、3機のエーハイム2213を設置した場合は水が驚くほど安定しますので、とても快適に利用することができますから、まだ2機までとか1機しか設置してない水槽があるのであれば、是非とも眠っている2213を有効利用しておくと便利です。

機械物は全く使わないと調子が悪くなったりするものですが、エーハイム2213は過酷な環境下で利用されるように設計されている為、大変頑丈ですから倉庫で未使用で眠っていても全く動作に問題はないはずです。

シンプルイズベスト・・・その名の通り、その後にエーハイムから発売されている電子式のエーハイムプロフェッショナルのような最新の濾過フィルターよりも高い安定性を持っているのが2213ですから、積極的に使っていきましょう。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme