ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

クリスマスツリーを用意出来なくても安心|24日と25日はウィローモス

12月24日がクリスマスイブ、その翌日の25日がクリスマスですから、日本全国で一斉にクリスマスを扱った年末の大きなイベントが行われることは、日本人であれば誰でも知るところです。

元々、クリスマス自体が日本とは関係ないイベントだったはずなのですけど、誰が流行らせたのか知りませんが、既に日本ではそれがあって当然のイベントになっています。

特に小さなお子さんにとってはサンタクロースという謎の人物が自分が欲しいプレゼントをこっそりと夜中に持ってきてくれる訳ですから、その日は本当に唯一の楽しみの日になるのです。

スポンサードリンク


なぜか、殆どのお子さんがいる家にやってくるであろうサンタクロースの正体については、それを誰も知らないのはお子さんたちの間では謎の話になっていますし、謎のままの方がどんなに良いことか・・・。

 

 

クリスマスに必要なものといえばご存知クリスマスツリーです。

 

サンタクロースに関しては、どこの誰だか正体が分からないけど自分が欲しいものを持ってきてくれるとても親切な人であると言ったイメージのままで良いのですが、それ以外にもクリスマスには必要になるものがあります。

それが、俗に言われているクリスマスツリーというものであり、巨大な三角形上の樫の木に綺麗な飾り付けをして、クリスマスをお祝いするためのものなのですが、普通の家庭では樫の木など用意できる訳がありません。

そこで、昭和の時代からクリスマスツリーを造形したおもちゃを販売していて、そこに電光ネオンや飾り付けをして、ご家族でお祝いをするといった感じで、一般のご家庭はクリスマスを楽しんでいます。

小さなお子さんがいれば、クリスマスツリーのおもちゃを組み立てたり、飾り付けをしている時がとても楽しい訳ですから、ご家族で一緒になってクリスマスツリーを作る位時間も大切な家族の時間になります。

 

 

お子さんが大きくなるにつれてクリスマスツリーを組み立てなくなる。

 

しかし、お子さんがある程度大きくなってくると、クリスマスツリーを組み立てること自体をしなくなり、次第に子供の時から使っていたクリスマスツリーは倉庫の奥深くに封印されてしまう状態になっているご家庭も多いのではないでしょうか?

それ自体が、お子さんが大きく無事に成長した証ですから、それはそれで良いことになるのですけど、それと反比例して親の立場からすれば、昔の可愛い頃のお子さんを思い出してクリスマスツリーを組み立てたいところなのですが・・・。

スポンサードリンク



今更、大の大人がクリスマスツリーを一人(もしくは夫婦)で組み立てるのは、子供から変な目で見られる可能性がありますし、倉庫から引っ張り出すのも面倒ですから、次第に誰でもかつてのようにクリスマスツリーを組み立てること自体をしなくなります。

そして、そのままかつては20代だったご両親も老後に入ってしまい、お子さんも結婚して新しい孫ができていく訳なのです。

 

 

水槽をお持ちの場合はウィローモスでクリスマスツリーを飾れます。

 

お子さんが大きく成長して誰も使わなくなり倉庫の奥深くに眠ってしまったクリスマスツリーについては、その存在に気がつかれないまま処分されてしまうのかもしれませんが、クリスマスになるとクリスマスツリーを飾りたくなるご両親も少なからずいらっしゃいます。

そのような場合で水槽をお持ちでしたら、ウィローモスを使ってクリスマスツリーの形状に飾り付けをすれば、普通にクリスマスツリーになりますから、水槽の中にクリスマスツリーを飾っておけば、手間もかかりませんし、クリスマスツリーに興味がなくなったお子さんも見てくれるかもしれません。

水槽の中ですから派手な飾り付けはできませんけど、照明は水槽の照明をそのまま使えますし、クリスマスツリーの形状に飾り付けをしているウィローモスにはレッドビーシュリンプなどが集まってきますから、それ自体が飾り付けのような状態になることもあります。

お子さんの小さい頃を思い出してクリスマスツリーを飾りたいけど、今更そんなことをしたら恥ずかしいとか、誰も見てくれないとか、邪魔扱いされてしまう恐れがある場合には、水槽の中に小さなクリスマスツリーを用意して飾ってみるのも良いかもしれません。

水槽の中のクリスマスツリーはウィローモスをその形状に巻きつけたものですから、クリスマスが終わっても普通に使えますし、環境さえよければどんどん増えていきますから、来年にはさらに巨大なクリスマスツリーが用意できるかもしれません。

水槽の中のクリスマスツリーでしたら、場所もとりませんし興味がなくなっているお子さんでも気がつけば興味津々で見てくれるかもしれませんから、興味があればチャレンジしてみるのも良いですね。

今では、クリスマスツリーの形状に巻きつけたウィローモスも普通に売られていますから、レッドビーシュリンプとセットで購入してみるのも良いのではないでしょうか?



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme