ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

スーパーは無料で水槽が入手できる理想のお店|0円で水槽を用意する

メダカやミナミヌマエビの飼育をしようと思ったら、他のいろいろな飼育器具よりも最も高い優先度で必ず必要になるのが水槽になります。

別にそれがなくても良い犬小屋とは異なり、魚やエビの場合は水槽が無いと水を入れる容器そのものが無いことになりますから、真っ先に用意しないといけないのが水槽です。

ここで水槽と聞けば、ホームセンターなどで売られているガラスの水槽などをイメージする人が殆どだと思いますが、別に水槽は水を貯めることができる容器であればなんでも良いのです。

スポンサードリンク


当然、庭にある錦鯉が泳いでいる大きな池であっても水槽ですし、コッピーを飼育している小型のペットボトルであっても水槽ですから、一言で水槽と言っても沢山の種類があるのです。

 

 

室内水槽と屋外水槽の根本的な違いとは?

 

水槽を室内で観賞用として利用する場合は、ガラス水槽のように透明な水槽の方が便利なのですが、屋外に設置する水槽の場合は横から眺めるのではなくて、上から見下ろすような鑑賞方法になりますので、別に透明である必要すらありません。

一般的に室内水槽の場合は、人間が立ったままの目線で横から見ることができる高い位置に設置れていることが殆どであり、屋外水槽の場合は地面の一番低い位置に植木のように設置されていることが殆どです。

だからと言って、室内水槽だから透明のガラス製である必要はなくて、単純に横から眺めたいのか、上から眺めたいのかによって適切な水槽を選べば、予算も安く水槽を用意できることもあります。

 

 

マルエツの100円のジャガイモケースですら水槽として有益に使えます。

 

先日も書きましたが、マルエツで売られている100円のジャガイモケースであっても、それを水槽として利用すれば、メダカの稚魚を安定して育てることができました。

理由はよくわかりませんけど、サイズは小さくても円状の形状をしていることがその理由になっているのでは無いでしょうか?

元々、自分たちが食べるジャガイモを108円で買っているわけですから、本来そのジャガイモが梱包されているケースは捨てるものですから、無料で稚魚用の水槽がついてきているようなものです。

仮に原価が発生していたとしても1円、2円程度の話であり、販売しているマルエツもあくまでジャガイモを入れているだけの薄いプラケースのようなものですから、まさか水槽として使うとは思っていないでしょう。

このマルエツのジャガイモケースの場合は完全に透明のケースですから、屋外でも室内でも使うことができますし、大きさが直径10cm程度と小型のため、大型の魚とかエビの飼育はできませんが、小型のものでしたら全く問題ありません。

スポンサードリンク



ブラインシュリンプの選別にも使えますし、色々と利用できる用途は多いんですね。

 

 

スーパーは無料で色々な水槽が入手できる理想の場所です。

 

本来は、食品や日用品を扱っているのがスーパーですから、水槽と言った商品そのものはホームセンターに行かないと入手することが出来ません。

しかし、スーパーには本来は水槽ではないのですけど、水槽として転用できる便利なものが沢山あり、しかもその水槽は殆どが無料で入手できる訳ですから、とりあえずメダカとかミナミヌマエビの飼育をしてみたいと思ったら、スーパーに行ってみるのも一つの賢い知恵です。

ジャガイモのケース以外にも、スーパーの店内には様々な水槽の代わりに使えるものが、他の食品や野菜などの容器として色々と使われていますので、これは水槽として使える?と思ったら、その商品を購入するのも良いかもしれません。

全く商品を購入しなくても、スーパーではかなり大きめの水槽を無料で入手できるのですけど、それが発泡スチロールになります。

スーパーで扱っている発泡スチロールは、日本のベランダサイズにマッチしたものが多くて、トロ舟のように大きすぎず、金魚鉢のように小さすぎず、丁度良い大きさのサイズであることが多いのです。

 

 

スーパーで無料で頂ける発泡スチロールはベランダ飼育に最適。

 

これは、野菜や果物などを効率よく発泡スチロールに梱包しないといけないため、トラックに積み込んだ際の輸送のコストや梱包、保冷のコストを考えて一番良い大きさで発泡スチロールが作られているからです。

それが、たまたま日本の住宅事情にマッチしていて、メダカやミナミヌマエビの繁殖にも使える訳ですから、これが無料で好きなだけ頂けるのでしたら、もらわない手はありません。

何か魚やエビを飼育してみたいと思ったら、とりあえずお近くのスーパーに行ってみて、飼育用の水槽を無料で入手してから、飼育を始めてみるのも良いかもしれません。

なぜなら、誰しも断続して水槽飼育ができる訳ではないですし、向き不向きや、飽きる飽きないといった趣味嗜好があるため、一度設置すると除去が困難な室内水槽セットをなどを買ってしまうと、後々面倒になる場合もあるからです。

お手軽簡単に、メダカやエビの飼育をするならまずはスーパーに行くことも検討してみてください。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme