ストレスで夜に眠れない時には水槽が最適なの?

ストレスでよる眠れない・・・、現在の日本ではストレスになる要因があまりにも多すぎて、普通に生活をしていても、ある日突然、重度の不眠症になることも多く、その状態が継続してしまうと、健康状態が悪化していき、最終的には最悪の状態になります。

このような状態になった場合、水槽を使ったリラクゼーションが最高のパフォーマンスを発揮することが多く、寝室に水槽を設置している人も多いのですが、深夜に照明を赤色の照明に切り変えると、神秘的なビジュアリになり、明るくて眠れなくなりません。

水槽の照明なんですが、LEDによっては、白い通常の照明と、暗い感じの赤色の照明に切り替えるスイッチが付いているものもあり、具体的にはコトブキのフラットLED等が該当するんですが、夜寝る前に、照明を位赤色に切り替えて、水槽を眺めるだけです。

スポンサードリンク


 

 

ストレスで夜に眠れない時には水槽が最適なの?

 

不眠で寝付きが悪い場合、寝る前に2時間ほどの有酸素運動をすれば、案外すんなり根付くことが出来るんですが、実際に運動が出来ない人もいますので、その場合は、寝室に水槽を設置して、水槽を見ながらベッドで寝込んでいれば、いつの間にか寝てます。

問題は、床に直接布団をしいて、古典的な日本的な寝室で寝ている人の場合、水槽台の上に、水槽を設置してしまうと、布団の中で寝ながら水槽を見るってのはかなり難しいので、その場合は、2段式の水槽台を使用し、下の段に水槽を置けば普通に見れます。

病院に行っても、大きな病院であれば、お客さんが大勢集まる待合室に、巨大なネイチャーアクアリウム系の水槽を設置している事がよくありますが、あれは、長時間の待ち時間でイライラする患者さんに対するリラクゼーション効果があるので設置してます。

スポンサードリンク



 

 

綺麗にレイアウトされた水槽を眺めるだけで寝れる?

 

水槽も、単に水槽を設置しただけでは意味がないので、水槽に水草等を綺麗にレイアウトして、その中に魚やエビをいれて、飼育をしていく訳ですが、紅白模様のレッドビーシュリンプ等は特にいやし効果が高く、緑色の水草とよく会いますので、大人気です。

メダカとかネオンテトラ等の小魚も、20匹くらいの群れが水槽を泳いでいると、それを見ているだけで癒やされますし、昼間と夜間では魚やエビの行動パターンも異なり、隠れていたプレコやオトシンネグロ等が活発的に動き回るのでとても癒やされます。

寝付きが悪い時には水槽を寝室に設置すると、本当に効果が高く、単に夜ねれない時に、部屋の電気を消して、水槽のLED照明を赤色にすると、部屋の雰囲気も深海に潜水艇で潜っているようないい感じの雰囲気になり、ストレスが軽減されて寝付けます。

 

 

寝室に水槽に設置するならエーハイム2213が最適?

 

寝室に水槽を設置する場合、最大の注意点は水槽から発生する騒音問題になるんですが、水槽にはリラクゼーション効果があると言っても、水槽から凄まじい騒音が常に24時間発生する状態になると、それで余計にストレスが発生する状態になります。

お勧めできないのがオーバーフロー水槽であり、最強のろ過能力があると言っても、その構造上、騒音が最も発生するタイプの水槽ですから、最も騒音が少ない外部式ろ過フィルターを採用した水槽が最適の回答になり、60cm以下の水槽なら2213が最適です。

日本の住宅事情を考えると、60cm以上の水槽を寝室に設置するのが難しくなることが殆どなので、60cm水槽を設置した場合、エーハイム2213であれば、本当に騒音が発生しなくなりますので、寝室に水槽を設置している人は2213がダントツに多いです。



スポンサードリンク