ビオトープに侵入してくるカエルを防ぐ方法は?

最近は、いやし効果などもあり、結構人気が出ているビオトープですが、都会であればタワーマンションのベランダなどで、ビオトープを構築すると、いい感じで目の癒しになるんですけど、実はベランダでは私物は置いてはいけないので自己責任になります。

田舎であれば、土地は結構なスペースが有る場合も多く、広大なビオトープを構築することが出来ますし、ビオトープ用に土地を買えば、本格的なビオトープというか、熱帯雨林の庭のようなものを作ることも出来るので、田舎の方が豪華なものが出来ます。

ただ、都心のタワーマンションのベランダビオトープの場合、確かに規模は小さいのですが、管理が容易で、侵入者も害虫や野鳥位なのですが、田舎のビオトーブの場合、鹿や猪がやってきたり、カエルが侵入してくるので、とりあえずカエルを何とかしたい?

スポンサードリンク


 

 

ビオトープに侵入してくるカエルを防ぐ方法は?

 

一言でカエルと言っても色々と種類があって、中でも小さくて可愛いアマガエルの場合、別にビオトープにやってきても、見た目も可愛いし、うるさくないので特に問題はありませんが、イボガエルとかトノサマガエル、ウシガエル等は本当にウルサイです。

今まで、ビオトープのカエル問題で、アマガエルが問題なった話は聞いたことがありませんが、イボガエルやトノサマガエルがビオトープにやってきてウルサイのなんとかならないの?って話はよく聞きましたから、カエルの場合は、ウルサイのが問題みたい。

この田舎のビオトーブでよく発生する、カエルが侵入してくる対策ですが、防護ネットでビオトーブを覆うしかなく、それをやると見た目がイマイチなので、あまりお勧めも出来ませんが、蛇の人形を置いたら効果があるとの話もあり、試す価値はありますね。

スポンサードリンク



 

 

蛇の人形はビオトープに侵入する野生生物を防げる?

 

正直、カエルはあまり知能が高くなく、目の前にある動くものを片っ端から食べるって習性があるくらいなので、野生生物のような高度な対策は難しいのですが、よく畑の野生動物対策として行われている、蛇の人形をおいておくと、効果があるとの話です。

ただ、カエルやビオトープによっても、結構個体差等があるので、絶対ではないでしょうけど、蛇の人形をビオトープにおいておくと、鳩や猿が来なくなった、ついでにカエルのウルサイ鳴き声も聞こえなくなった実績もありますし、コストもかなり安いです。

ダイソーに行けば、びっくりスネークって名称で、一匹100円と消費税で蛇の人形が売られていますので、別に効果があまりなくても、それほど損をすることはないので、ビオトープのカエル問題に困ったら、予算500円以下で試す価値は十分にありますね。

 

 

蛇の人形も猪だけには全く効果がないは確認済み。

 

この、カエルを簡単で低予算で撃退できる可能性がある、ダイソーの蛇の人形ですが、設置方法次第で全く効果がない場合、正しく設置しても効果がない場合もありますが、コストが安くお手軽で、他の侵入者迄防げる訳ですから、試してみても損はないです。

ただ、実際に確認をとったのですが、田舎のビオトーブに侵入してくる事が多い、巨大な猪には全くの無意味で、猪は蛇を好んで食べるくらいらしく、餌と思って近寄ってきかねませんので、猪がビオトーブに来るようになったら、蛇の人形は撤去でしょうか?

基本的に畑とは異なり、エビやメダカなどもその環境で飼育する、ビオトーブでは農薬などは使えませんから、水草にも害虫が沢山やってくることもありますし、カエルが縄張りを持ち、ゲコゲコウルサイこともありますので、管理者の対策が基本になります。



スポンサードリンク