タニシはメダカの卵を食べるのか?ノープロブレム

実は飼育難易度が若干他のラムズホーン等のメジャーな貝よりも高く、見た目も地味なことから、あまり人気ではありませんが、日本原産のヒメタニシ、マルタニシ等は水槽内のコケをキレイに食べてくれたり、余った餌を食べてくれるので、需要があります。

需要があるといっても、タニシをメインで飼育している人は殆どおらず、あくまで水槽の掃除担当者としての補助飼育がメインであり、他のメダカとか熱帯魚等を飼育している水槽内にタニシを入れておくと、驚くほど綺麗にガラス面の苔を食べてくれます。

そこで、タニシを水槽に入れてみようって人から相談を受けたんですけど、タニシはメダカの卵を食べてしまうので、水槽内に入れてしまうと危険ではないの?って話なんですけど、タニシがメダカの卵を食べることはありませんので、全く問題ありません。

スポンサードリンク


 

 

タニシはメダカの卵を食べるのか?ノープロブレム。

 

基本的にタニシは大変温和で動きがとても遅い貝になりますので、他の魚やエビを襲って食べることもなく、植物性の餌しか食べない貝ですから、メダカやエビの死体にすら近寄らない位の貝になりますから、メダカの卵を襲って食べることは先ずありません。

また、メダカの卵はウィローモス等の水草の隙間などに産み付けられている事が殆どで、生まれたばかりの稚貝のヒメタニシでもない限り、水草にくっついて移動をすることもできませんから、タニシはメダカの卵や稚魚を襲って食べる能力もありません。

タニシは動きがとても遅く、ある程度成長をすると、結構大きくなり、小さな稚貝のように空気をためて、水面付近に浮かんでゆらゆらと移動をすることも出来なくなりますから、ゆっくりとソイルなどの地面、水槽のガラス面を移動することしかできません。

 

 

サテライトにタニシをいれてもメダカの卵を襲わない。

 

基本的にメダカの場合、卵の時には目立たない場所に産み付けられることが多いので、殆どの卵が親メダカに見つからず、ひっそりと孵化をして稚魚が生まれてくるんですけど、一般的な大きさの水槽で生まれた稚魚は、直ぐに親メダカに恐れて餌になります。

スポンサードリンク



そこで、メダカを水槽内で繁殖させる場合、ウィローモスやマツモ等の水草に産み付けられたメダカの卵を、スポイトで吸い取ってサテライトの中に移動をさせて、そこで孵化をさせるんですけど、その中にタニシを入れていても、メダカの卵は襲われません。

タニシは、メダカの卵がサテライトの中に大量に転がっている状態でも、その卵を避けながら延々と、サテライト内で自然発生する苔を食べてたり、餌として投入したプレコ用のタブレットをひたすら食べているだけですから、安全に苔だけを駆除できます。

 

 

タニシはコケ取り能力は高いけど若干扱いが難しい。

 

日本原産のタニシは冬でもヒーター無しで飼育ができるので、メダカやミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビ等を飼育している水槽では結構お勧めできる、エビよりも強力なコケ取り能力、目立たずにソイルの中の余った餌まで食べてくれるのでその点はお勧め。

しかしながら、タニシの飼育は若干難しく、水質悪化にかなり影響されやすい貝になりますので、同様にレッドビーシュリンプの水槽のタンクメイトとして圧倒的人気があるピンクラムズホーンと比較すると、初心者の人が全滅させることが多い貝になります。

タニシが増えすぎて困るって人もいますが、それは最初だけで、その後にいつの間にやらタニシが全滅をしていたって経験をしている人も多いですし、適切なろ過フィルターで管理をしてメンテナンスもキチンとできない環境では、扱いが難しくなります。

60㎝水槽にエーハイム2213を3台設置して可動させている水槽があるんですけど、この環境ならメダカやエビの飼育も相当安定していて、殆ど落ちていくことはないのですが、メンテナンスを暫く放置するとまっさきにタニシから死んでいく位なのです。



スポンサードリンク