ブラインシュリンプが孵化しない原因について

メダカの稚魚だけではなく、あらゆる淡水魚の稚魚の餌として最も栄養価が高く、とても食いつきが良い餌として有名なのが、ブラインシュリンプって餌なんですけど、これは学研などの教材でシーモンキーの名称で販売されているプランクトンになります。

特徴としては、生まれたばかりのブラインシュリンプはお腹にヨーサックと呼ばれる栄養の塊をぶら下げているので、このヨーサックがお腹についている間に餌として、メダカなどの稚魚が食べれば大変高い栄養ですから、稚魚がグングン成長をしていきます。

淡水魚の稚魚用の餌としてはブラインシュリンプは大変有用なのと、インペリアルゼブラプレコやオトシンネグロの稚魚等はブラインシュリンプが用意できないと死んでしまいますので、プレコ系の繁殖をしている人なら、ブラインシュリンプは常時必須です。

スポンサードリンク


created by Rinker
テトラ (Tetra)
¥485 (2022/10/04 20:32:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ブラインシュリンプが孵化しない原因について。

 

このブラインシュリンプなんですけど、メダカの餌とかプレコの餌みたいに、ホームセンターやAmazon等で餌を買ってきて、それを与えるだけってのが出来ない仕組みになっていて、ブラインシュリンプは卵の状態でパッケージングされて売られています。

その、とても小さいブラインシュリンプの卵を、大凡で24時間位の時間をかけて孵化させて、生まれたばかりのお腹に栄養たっぷりのヨーサックをぶら下げたブラインシュリンプを餌として稚魚に与えると、凄まじい食いつきでバンバン食べてくれる訳です。

なれてくると難しくもないんですけど、最初の頃はこのブラインシュリンプを24時間くらいの時間をかけて孵化させるってのが大変難しく、何回チャレンジしてもブラインシュリンプが孵化しないって状態で悩んでいることが多く、結構よく相談されます。

created by Rinker
ネットファームジャパン
¥2,560 (2022/10/04 20:33:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ブラインシュリンプの孵化には光と水温と塩分が必要。

 

ブラインシュリンプを卵から孵化させる方法は実は結構シンプルで、海水の素、いわゆるソルトを若干使いペットボトル等の容器内で水を汽水状態にしてから、ある程度の光を当てつつ、水温を25度以上に保ち、更に強力なエアレーションが必要になります。

スポンサードリンク



この中のどれか一つでも揃っていない場合、ブラインシュリンプが上手く孵化しないことが多く、案外忘れているのが水温と海水の素のソルトであり、特に冬場になるとペットボトルの水温を25度に保つには、ヒーター管理されている水槽が必要になります。

また、ブラインシュリンプは完全な淡水ではなく、海水と淡水が混ざり合う汽水領域に発生するプランクトンになりますので、ソルトを入れ忘れると、24時間以上経過しても、全く卵が孵化しない状態になりますから、海水の素であるソルトも必須です。

created by Rinker
テトラ (Tetra)
¥1,173 (2022/10/04 21:12:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

卵には消費期限もあるし殆孵化しないハズレもあります。

 

これまで、インペリアルゼブラプレコとかオトシン等の繁殖の際に、ブラインシュリンプを大量に何度も沸かせて餌として稚魚に与えてきていますが、ブラインシュリンプが孵化しない原因は、これまでの説明どおりで、これをクリアしたら普通に孵化します。

それでも孵化しない場合、卵自体に問題があることもあり、実はブラインシュリンプの卵には賞味期限ならず消費期限というものが設定されて、完全に未開封の状態で5年間経過したら保証はしませんってなっていることが多いですが、普通に孵化しました。

もちろん、ブラインシュリンプの卵は開封後はアルミのパックを密閉した状態で光が届かない冷蔵庫の中で保管しないといけませんので、常温で放置しているとどんどん孵化率が下がってしまいますが、未開封で5年以内でも殆ど孵化しないこともありました。

このような事情もありますので、水温も照明も、塩分もエアレーションも全くもない無い殆ど完璧な状態なのに、何回チャレンジしてもブラインシュリンプが孵化しない場合、もしかしたら卵自体に問題があるかもしれませんので、新品で買い直しがお勧め。

created by Rinker
ニチドウ
¥666 (2022/10/04 09:20:08時点 Amazon調べ-詳細)


スポンサードリンク





Updated: 2022年8月4日 — 4:41 PM