ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

完璧な水合わせをしたのにメダカやエビが死んでしまう原因

セッティングした水槽にネットやホームセンターで購入したメダカや熱帯魚、エビなどを投入する場合、水合わせと呼ばれる工程をきちんと行わないと、ほぼ100%の確率で数時間後、数日後、数週間後には新規投入したメダカやエビが全滅していしまいます。

これは濾過が完璧に機能していても水槽の水温や水質と新規で購入したメダカや熱帯魚、エビの飼育水、その後に袋に詰めた飼育水の水温が異なる為、いきなりドボンで水槽に入れてしまうと、メダカや熱帯魚、エビなどがショック死をしてしまうからです。

そのため、時間をかけて点滴のように少しずつ購入したメダカやエビの袋に入っている元々の飼育水と水槽の飼育水を混ぜ合わせてショックを抑え、水槽の水質に合わせていき、時間をかけて水槽の水質と水温に適応させる水合わせの工程が必要になります。

スポンサードリンク


 

 

完璧な水合わせをしたのにメダカやエビが死んでしまう原因。

 

以前は、水合わせを完璧にするのはかなり難しく時間と手間がかかる作業でしたが、最近ではスドーからサテライトと呼ばれる便利な補助水槽が発売されていますので、水作のエアーポンプの水心とセットでサテライトを購入していれば、水合わせは余裕です。

特にレッドビーシュリンプを購入して、水合わせもきちんとしているのに、翌日から少しずつ落ち始めて、2週間後には全滅をしていた・・・といった初心者がやってしまう水合わせのトラブルも、サテライトを使うことにより大幅に抑える事が可能ですね。

それでも、サテライトを使って完璧な水合わせをしていても、何故か次第にメダカや熱帯魚、エビが落ちてしまうことが多いのですが、これは完璧な水合わせをしていても個体によっては一定の確率で落ちてしまうことが普通なので、実は問題はありません。

スポンサードリンク



 

 

サテライトLで数日間程度回しておけばより生存率は高くなります。

 

サテライトで水合わせをしたのに、何故か?毎回、メダカや熱帯魚、エビが落ちてしまう原因は個体差によるものですから、全てが100%の確率で新しい環境に馴染めると言うわけではなく、一定の確率で水合わせをしても弱って落ちてしまう個体がいます。

もちろん、サテライトで水合わせをすると生存率が100%になることもありますが、購入したメダカや熱帯魚、エビの個体差については飼育に慣れている人でもどうにもならないので、可能な限り落ちないようにサテライトでより慎重な水合わせを行います。

その場合の対策としては、より大きなサテライトLを使うこと、エアーポンプ水心のエアーの量を最低限して、本当に点滴以下の水の循環を発生させること、数時間ではなくて、数時間程度サテライトで水をなじますことをしていけば、より安定しますね。

 

 

寒い日やあつすぎる日にはサテライトの水温の変化には注意する。

 

サテライトで水合わせをする際の致命的な欠点は、室温が極端に低くなる冬、極端に暑くなる夏場などでは、点滴のように少量の水の循環をさせると、ヒーターや水槽クーラーで水温調整している本水槽の水温と大幅に温度差が発生してしまうことです。

その為、水合わせをしてもサテライトと水温が違いすぎてしまうことや、水合わせをしている最中に魚やエビが耐えれなくなって死んでしまうこともありますので、新規で魚やエビを購入する時期には極端に寒い日、極端に暑い日は避けておくとより安心です。

この場合は、サテライトは使わずに、水槽にプラケースなどを浮かべて水合わせを行えば対策は出来るのですが、いずれにせよ、新規購入したメダカや熱帯魚、エビなどは水合わせをしても一定の確率で落ちてしまうので、全滅でもしない限りはまあ通常です。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme