ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ホームセンターで安易に購入しそうなナマズや古代魚について知る

最近、ホームセンターのアクアリウムコーナーにいくと、目立つ場所でアロワナ、レッドテールキャット、オオナマズ、ポリプテルス等が普通に売られているのを見てたいへん驚くんですけど、こういったタイプの魚は普通の人は絶対に購入してはいけません。

以前のようにピラルクーの稚魚が普通にホームセンターで売られている光景を見ることは殆どなくなりましたけど、ピラルクー以外にも特にレッドテールキャット等のナマズ系の魚、アロワナ系、ポリプテルス等の古代魚系は本当に大きくなる事を知ります。

他にもコケ取り最強の魚として、セルフィンプレコとかサッカープレコ等の稚魚も1匹300円位で売られているので、ついつい苔とり用に購入しそうになりますけど、このタイプのプレコも50cm位に成長しますので普通の人では管理不能な状態になります。

スポンサードリンク


 

 

ホームセンターで安易に購入しそうなナマズや古代魚について知る。

 

基本的に、一般的な日本の家庭で設置できる水槽の限界サイズは60cm規格水槽であることが多くて、90cm以上の水槽が設置できる人のほうが珍しくなる位ですし、150cm水槽、200cm水槽になると設置できる人は殆どいなくなる事を知っておきましょう。

何故なら、ホームセンターのアクアリウムコーナーで普通に売られている、古代魚や大型魚、大型プレコ類は最終的に120cm水槽が最低環境になることが殆どなので、それらの魚の稚魚を安易に購入してしまうと、凄まじい成長速度を見て恐怖を感じる訳です。

基本的に、稚魚でも価格が10万円以上で売られていることが多い、高額なアジアアロワナを気軽に購入する人はいないとしても、似たようなノーザンバラムンディとかシルバーアロワナ、ブラックアロワナの稚魚は数千円なのでついつい買いそうになります。

スポンサードリンク



 

 

アロワナとかナマズの名称がついている魚を購入する前には確認。

 

ネオンテトラとかランプアイ、コリドラス等でしたら、価格も安くて大きく成長することはないですのでホームセンターのアクアリウムコーナーで気楽に衝動買しても全く問題ありませんが、魚の名前でアロワナとかナマズとついている魚はちょっと危険です。

怪獣のようなポリプテルスについても、デルヘッジなどは小型の稚魚が普通に売られていますけど、大変獰猛でメダカやミナミヌマエビをすぐに襲って食べてしまいますし、成長速度も早く大きく成長をするので最低でも90cm水槽が必要になる古代魚です。

プレコの名称がついているコケ取り最強の魚もタイガープレコやインペリアルゼブラプレコなどは成長をしても8cm以下で扱いやすいのですが、セルフィンプレコとかサッカープレコなどは50cm前後まで成長をして60cm水槽で飼育するのは困難な魚です。

 

 

飼育したことがない魚を購入する前に必ず確認をしましょう。

 

ホームセンターのアクアリウムコーナーは専門店とは違って、誰でも気軽に入って行けるスペースなので、初心者の人が水槽や魚、エビなどを衝動買する事が多い現場なんですけどこれまで飼育したことがない魚を購入する前に必ずネットで確認をしましょう。

最近では、スマートフォンを持っている人が当たり前になっているので、何処にいてもネットで検索ができる時代になっているわけですから、動き回り大きく成長をするアロワナは問題外としても、ナマズ系、プレコ系を購入する前には必ず確認が基本です。

ホームセンターのアクアリウムコーナーには店員さんがその辺で待機しているので、気になる魚がいればどれ位に大きくなるのかを確認すれば、流石に分かりませんって回答をする店員はいないでしょうから、スマートフォンがなくてもその場で確認できます。

特にトラブルが多いのがレッドテールキャットって綺麗なナマズであり、10cm以下の稚魚が普通に売られているんですが、見た目も綺麗で可愛い顔をしてしっぽをふりふりしているのを見ると衝動買する女性も多いんですが、普通に150cm水槽が必須です。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme