ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

荒木田土がビバホームで売り切れ?誰が買っているのか?大人気

屋外の荒木田土の水槽なんですが、半年間から一年間くらいに一度は完全リセットをしないとドブ状態になってしまって、凄まじい悪臭を放つ状態になりますので、飼育しているドジョウやエビなどの個体数により、定期的な完全リセットが必要になります。

それで、今回ベランダの荒木田土の水槽を泥まみれになりながら全てリセットをした訳なのですが、肝心の荒木田土がいつも購入しているホームセンター、ビバホームで完全売り切れになっているらしく、店員さんに確認しても入荷は未定になっているらしい。

いつも、荒木田土はビバホームの園芸コーナーの売り場では大量に積まれていて、殆ど誰も購入していなかったので安心していたんですけど、店員さんの話では最近突然荒木田土が売れているようで、一体誰が買っているのか?アクアリウム系の人が増えた?

スポンサードリンク


 

 

荒木田土がビバホームで売り切れ?誰が買っているのか?大人気。

 

これまで、ビバホームで長年荒木田土を大量に購入していましたが、売り切れになるってことはなかったので、もしかしたら屋外水槽、いわゆる荒木田土を使えば、簡単にホテイアオイを越冬させることが出来るとか、元気に育てることが出来る事が広まった?

誰が荒木田土を買っているのかは分かりませんけど、これまで売り切れになることがなかった荒木田土が売り切れるって事自体が驚くべきことなのですが、荒木田土を使って屋外水槽を立ち上げると、水草が最も元気に育つって知る人が増えると嬉しいです。

荒木田土は田んぼの粘土状の土そのものですから、実際には小さなパックでも大変重いですので、歩いてホームセンターで購入した場合は、体力がない人だと持ち帰るのが困難になりますので、Amazonで購入したほうが効率は大変良いという事実があります。

 

 

荒木田土を購入するならビバホーム等のホームセンターで150円。

 

荒木田土は大変重く、間違えて10キロ位購入してしまうと、普通の人ならカバンに詰め込んで歩いて持ち帰るのは大変難しいので、直接ビバホーム等のホームセンターに購入しにいくのであれば、車やバイク等の荷物を積むことが出来る移動方法がベスト。

スポンサードリンク



ただ、ビバホームに行けば分かるんですが、荒木田土の価格は2Lで150円前後と大変お求めやすい価格になっているので、Amazon等の2L で1000円位の高い荒木田土を購入するよりも効率が大変良いので、それを知ってしまうとビバホームにいきますよね。

ホテイアオイやサルビニア・ククラータ等の外来の水草が水槽に浮かべているだけで、簡単に越冬できて、他のあらゆる環境よりも元気に大きく育つ・・・、しかも2Lで150円で購入できるとなると、みなさんがビバホームにいくのも納得できますね。

 

 

Amazonで1000円以上の荒木田土がビバホームなら150円の衝撃。

 

基本的に、荒木田土って田んぼの土そのものなので、ドジョウの飼育をするとか、ベランダの屋外水槽で元気に水草を育てたい、田んぼの環境を家庭で再現したい場合など、それ以外ではあまり需要がなく、室内水槽では使うこともないので結構マイナーです。

ホームセンターに行けば、荒木田土は園芸コーナーで売られているんですけど、園芸用としても、黒土や腐葉土のような明確な使い道が無いですし、水はけも悪いので、あまり売れていない状態なんですけど、アクアリウム用途としては大変優秀な土なのです。

Amazonで荒木田土を検索すると2Lで1000円以上する商品が普通に沢山出てきますが、実はホームセンターに行けば、2Lで150円で格安で購入出来る訳ですから、これから屋外水槽で局地的に利用できる事実が広まると、価格もアップするかもしれません。

とりあえず、先程ビバホームに再度、荒木田土の今後の入荷について確認したところ、今月末には入荷するとのことなので、購入しておけば未使用状態であれば、長期保存が出来る荒木田土ですから、150円でまとめて買い占めても良いかな?と思ってます。



スポンサードリンク





Updated: 2018年8月20日 — 2:37 PM
ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme