ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

エーハイム2213は価格が高すぎるの購入を迷っている人へ

アクアリウムに興味を持っている人が増えているのか、色々と飼育器具についての相談をされることが多いのですが、特に多いのがお勧めのろ過フィルターはなんですか?と言った内容なんですけど、60cm以下の水槽であればエーハイム2213がお勧めです。

ただし、強烈に水を汚すプレコや金魚の飼育がメインの場合、エーハイム2213では目詰まりをしてしまう状態になることも多く、その場合は上部ろ過フィルターとエーハイム2213の兼用であったり、あえて外部式の2213は使わないって選択肢もあります。

また、90cm以上の水槽になると、大型魚の場合はオーバーフローシステムが最適になることが多く、小魚とかエビ、水草水槽の場合でもエーハイム2213では容量不足に陥ってしまいますので、エーハイムプロフェッショナル等の大型のモデルを使用します。

スポンサードリンク


 

 

エーハイム2213は価格が高すぎるの購入を迷っている人へ。

 

60cm以下の水槽でプレコや金魚の飼育がメインでないのであれば、エーハイム2213が性能、拡張性、耐久性、安定性、信頼性全てにおいてお勧めできるろ過フィルターになるんですけど、唯一の致命的な欠点といえば、エーハイム2213は価格が高い事です。

何しろ、エーハイム2213をろ材とセットで購入すると、1万円位の価格になってしまいますし、メダカなどの小魚の飼育で必須になるナチュラルフローパイプも買うとプラス1200円位ですから、アクアリウムを始めたばかりの人から見れば相当な高額ですね。

しかし、長期的に水槽の管理をする予定であれば、他の外掛け式とかスポンジ等のろ過フィルターも実は安く見えてかなり割高で、濾過性能も低くて耐久性の問題もあったりと、結局最終的にはエーハイム2213を買い直してしまう人が沢山いるのも現実です。

 

 

数年前なら3000円位で投げ売りされていた2213の伝説。

 

今か、数年ほど前くらいにエーハイム2213を購入した人であれば、価格は3000円位の格安ろ過フィルターって認識の人もいて、今の価格を知ったら驚くかもしれませんが、数年前はエーハイム2213が3000円位で大量にセール販売されていた事があります。

スポンサードリンク



しかし、現在ではセール販売されていても9000円前後位で価格が落ち着いていることも多くて、今後は3000円前後で2213を購入することは不可能に近い状態なので、今では3000円位で2213を購入した人はかなりお得な価格で購入したと言えますね。

必要ないのに、エーハイム2213がセールで3000円だからといって、毎回購入して倉庫に大量にしまっている人もいるかと思いますし、何しろ私もその中の一人なので、毎回使わないのにエーハイム2213を3000円位で購入して楽しんでいた時期が懐かしい。

 

 

長期的に水槽を管理する最初から2213を購入するのがお勧め。

 

性能だけで見ればエーハイム2213はかなりお勧めのろ過フィルターになるのですが、すべての条件で最適な回答にはなりませんので、60cm以下の水槽であること、プレコや金魚などの水を極端に汚す魚の飼育がメインでなければ、物理的には最強です。

唯一の欠点である、価格が1万円前後と高すぎる件ですが、実は5年、10年とつかっていても、これまで2213が壊れたことは一度もありませんので、個体差もあるかもしれませんが、長期的に水槽を管理している人であれば、他のフィルターよりも割安です。

外掛けとかのろ過フィルターを使っていると、消耗品のコストも掛かり、長期的に水槽を管理するようになると、最終的にはエーハイムに買い換えることになる訳ですから、だったら最初からエーハイム2213を購入しておいたほうが総合的に安くなります。

更に、エーハイム2213は容量アップがサブフィルターの取り付けによって簡単に行えることや、水槽クーラーが必要になった場合、2213があればスムーズに水槽クーラーを設置できるという見えないメリットも多いので、迷ったら即買いをお勧めします。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme