ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

メダカはミナミヌマエビを食べてしまうのか?相談解決

メダカはミナミヌマエビを食べるのでしょうか?、といったご相談を受けたのですが、答えを言ってしまえば、メダカはミナミヌマエビを積極的に食べてしまいますので、食べられるのが嫌ならメダカとミナミヌマエビの飼育環境を分ける必要があります。

ただし、だからといって、メダカとミナミヌマエビを同じ水槽で飼育できませんって訳ではなくて、同じ水槽でも問題なく飼育できますし、それによりミナミヌマエビが爆発的に増えてしまうのを防ぐことも出来るので、同じ水槽での飼育は結構お勧めです。

ですから、メダカがミナミヌマエビを食べてしまう条件について知っておいたほうが良くて、可愛そうだから?とかミナミヌマエビを一匹も食べられらたくないって価値観を持っていると、ミナミヌマエビが爆発的に増える恐怖を知ることになる訳ですね。

スポンサードリンク


 

 

メダカはミナミヌマエビを食べてしまうのか?相談解決。

 

メダカは確かにミナミヌマエビを積極的に襲って食べてしまうのですが、それはメダカの口に入るサイズの小さなミナミヌマエビだけであり、メダカの口に入らないミナミヌマエビの場合は先ずメダカが襲って食べることはありませんので、これを理解します。

メダカの口はハゼ系のカジカやアユカケのように大きく開くことはなくて、おちょぼ口のような小さな口ですから、メダカが襲って食べることが出来るミナミヌマエビの大きさはかなり小さなミナミヌマエビのみに限定されますから、実は心配は無用なのです。

メダカの口に入るミナミヌマエビですが、卵から付加したばかりの小さな稚エビくらいで、ある程度大きくなってくるとミナミヌマエビがメダカに襲われて食べられてしまう事はありませんので、ベアタンクの水槽でもない限りミナミヌマエビは全滅しません。

 

 

ピラニアの稚魚とかフグとメダカの違いについて知っておこう。

 

基本的にミナミヌマエビはあらゆる魚から襲われて食べられてしまうって特徴を持っていますし、エビは魚から見れば最高のごちそうと言える餌としか認識されませんから、メダカも口に入るミナミヌマエビであればメダカは積極的に襲って食べてしまいます。

スポンサードリンク



ここで知っておいたほうが良いのが、メダカ以外の魚でもミナミヌマエビを水槽の中で見つけたら積極的に餌と認識して襲って食べてしまうのですが、ピラニアの稚魚とかフグの場合は、自分よりも大きなミナミヌマエビであっても襲って食べてしまいます。

ピラニアの稚魚に関しては、自分よりも遥かに大きな魚であっても強力な顎と鋭い歯で噛み付いて肉を噛み切るようにして襲ってしまいますし、フグに関してはアベニーパファーのようなとても小さい淡水フグであっても、自分よりも大きなエビを襲います。

 

 

メダカの場合は水草や流木を適度に入れておけば気にしなくてよい。

 

ピラニアの稚魚とか、淡水フグなどは自分よりも大きなミナミヌマエビを襲って食べてしまいますので、基本的にはミナミヌマエビと同じ水槽で飼育する場合、相当大きな150cmくらいの水槽に大量の流木や水草等をセットした環境以外はお勧めしません。

何故なら、成長してメダカなら襲わないようなミナミヌマエビの大人個体であっても、見つけ次第小さなピラニアの稚魚とか淡水フグは襲って噛み砕いて食べてしまいますから、大きな水槽で安全で広い隠れ家用意されていない場合、必ず全滅するからです。

そうではなくて、メダカとミナミヌマエビの飼育をする場合、同じ水槽であれば、60cm以下の水槽でも流木やウィローモス等の水草を適度にレイアウトしておけば、それを隠れ家として稚エビが育ってくれますので、無限ループのサイクルが完成します。

ミナミヌマエビ単独で飼育をした場合、爆発的に増えてしまい逆に困ってしまう状態になることも多いですから、適度に稚エビを食べてくれるメダカは水槽にいたほうが便利ですし、似たような環境での飼育に適しているので相性が良い組み合わせになります。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme