メダカの稚魚とミナミヌマエビの稚エビ水槽の水換え方法

メダカの稚魚やミナミヌマエビの稚エビを飼育している水槽であれば、それ以外の親メダカやミナミヌマエビの親を飼育している水槽と比べて、水換えの回数が多くなる場合があります。

例えば、稚魚や稚エビを隔離して小さなサイズの水槽で選別をしながら飼育してる場合は、ろ過フィルターと言えば小さなスポンジフィルターが付いていれば良い方であり、結構フィルターそのものが付いていない水槽も多くなるからです。

created by Rinker
テトラ (Tetra)
¥1,050 (2024/04/14 15:21:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

生まれたばかりの稚魚や稚エビになると、それほど水を汚す事もありませんし、小さな水槽の方が管理が楽になる事も多い為、あえてろ過フィルターを付けずに、必要であれば水換えを行う管理方法です。

スポンサードリンク


スドーのサテライトがあれば、メイン水槽の縁に引っ掛けて使えますから、水換えそのもをしなくても済むのですが、選別などを行う稚魚、稚エビの水槽の場合は水槽の数が極端に多くなる事もある為、サテライトが使えない場合もあります。

created by Rinker
スドー
¥2,790 (2024/04/14 10:44:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

メダカの稚魚を飼育している水槽の水換えは慎重に。

 

メダカの稚魚を元気に育てたい場合、稚魚を捕食してしまう親メダカから隔離して選別をしながら飼育している水槽でしたら、その水換えは特に慎重にしないといけません。

水槽に入れる水に関してはいつも通りで良いのですが、古い水を水作プロホースなどで吸い上げた後に、新しい水を水槽に投入する際、案外バケツでドボンで一気に水を注ぎ込んでいる方も多いのではないでしょうか?

親メダカであれば、別にバケツでドボンで一気に新しい水換え用の水を水槽に注ぎ込んでも全く問題はないのですが、生まれたばかりのメダカの稚魚の場合は話が異なります。

生まれたばかりのメダカの稚魚はとても体が小さくて、泳ぐのはあまり得意ではない為、一気に水を注ぎ込んでしまうと、その勢いで水槽内には凄まじい水流が発生し、メダカの稚魚がショック死してしまう事がよくあります。

もちろん、バケツでドボンで水を注いだら全てのメダカの稚魚が死んでしまう事はないのですが、一定確率でそのまま逆さまになって浮かんでしまっているメダカの稚魚が出てきますから、水換えは慎重にした方が無難です。

スポンサードリンク



created by Rinker
新輝合成
¥1,091 (2024/04/14 15:21:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

屋外水槽の場合は水換えは必要なくても蒸発した水の追加が必要

 

また、屋外飼育水槽の場合は、ろ過フィルターそのものが必要ない都合上、水換えも必要ありませんが、水の蒸発が結構発生しますから新しい水を定期的に追加で投入しないといけません。

その際にも、親メダカの水槽のようにバケツでドボンではダメですから、稚魚用の水槽の場合は慎重に水を注ぎ込む訳なのですが、そこで便利な道具が園芸用のジョウロになります。

自然界では雨が降りますし、よほどの大雨なら別でしょうけど、雨が降るたびにメダカの稚魚が全滅していたらあっという間にメダカが絶滅してしまいますが、そのような事はありません。

メダカの稚魚水槽の場合は、雨を降らせるように優しくジョウロで水槽内に新しい水を注ぎ込むと、メダカの稚魚も安心して水換えに対応する事ができます。

室内水槽の場合は、ジョウロで水を注ぐ事ができない環境にある場合がありますので、その際には発泡スチロールを浮かべて、その上にゆっくりと水をかけていけば問題ありませんが、一気に水を流し込むとそこら中に飛び散ってしまいますのでご注意ください。

 

 

ミナミヌマエビの稚エビの場合は水換えもバケツでドボンでOK。

 

メダカの稚魚とは異なり、ミナミヌマエビの稚エビの場合は、ミナミヌマエビの親と同じ感覚でバケツでドボンで水換え、蒸発した水の追加をして全く問題ありません。

一気に水槽内に水を注ぎ込むと、凄まじい水流が水槽内で発生してしまって水の中がかき回されてしまい、メダカの稚魚であればそのまま死んでしまう事もあるのですが、ミナミヌマエビの稚エビの場合は、それくらいでへたばるようなヤワな体はしていません。

ミナミヌマエビの稚エビも体は小さくても親と全く同じ形状をしており、伊達にエビとして甲殻類の骨格を持って生まれてきているのではないのです。

体長数ミリ前後と小さい生き物同士ですし、全く同じ環境で飼育できるのですけど、メダカの稚魚と、ミナミヌマエビの稚エビは水換えでみれば、全く異なる方法で水換えをしないといけません。

ただ、メダカの稚魚の水換えの方法であれば、ミナミヌマエビの稚エビにとっても負担が少ない水換え方法ですから、普段からジョウロなどを使って慎重に水換えをおこなと良いかもしれません。

created by Rinker
charm(チャーム)
¥880 (2024/04/14 19:58:21時点 Amazon調べ-詳細)


スポンサードリンク