ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

エーハイム2213を30㎝水槽の横に置きたい場合の対応方法は?

アクアリウムを初めてみたい本当の初心者の人から、10年、20年とアクアリウムをやっているベテランの人まで、共通しておすすめできるろ過フィルターがご存知エーハイム2213になる訳ですが、60㎝以下の水槽でしたら最強のろ過フィルターになります。

プレコや金魚がメインの飼育ではなく、小魚やエビ、水草がメインの場合で、水槽のサイズが60㎝以下の場合という限定は付きますが、多くの人にエーハイム2213をお勧めできる理由は濾過性能が高くて耐久性も高くろ過容量も増やすことが出来るからです。

ただし、このエーハイム2213には致命的な欠点があり、もちろん水作エイト等よりも価格が高くて9000円位するってのもあるんですけど外部式ろ過フィルターの性質上、必ず水槽の下に設置しないといけない事情があり、それが出来ない場合はどうする?

スポンサードリンク


 

 

エーハイム2213を30㎝水槽の横に置きたい場合の対応方法は?

 

エーハイム2213を購入したものの、まさかの水槽の下に設置しないいけないってことを知らなかった人も多くて、スペースの都合上水槽の下に置けない場合は、せっかく奮発して購入したエーハイム2213を取り付けできない状況になるので相当焦りますね。

この場合の対処方法ですが、水槽の横にエーハイム2213を設置する方法があって、実際に30㎝水槽の横にエーハイム2213を取り付けて可動していますが、全く問題もなく使えていますから、水槽の横にエーハイム2213を設置する方法について教えます。

別に30㎝水槽でなくても45㎝水槽、60㎝水槽でも同じ方法でよこにおくことができるのですが、これをするには必ず水槽の高さが40㎝以上は必要になりますので、高さが無い水槽の場合は出来ないわけではありませんが、水槽を交換した方が良いのです。

 

 

何故?エーハイム2213を横に置くなら水槽の高さが40㎝以上必要?

 

ここである疑問を持つ人がいるかと思いますが、何故?エーハイム2213を横に置くなら水槽の高さが40㎝以上必要なのか?という疑問の答えですが、これはエーハイム2213の高さが34㎝位ありますので、それよりも水深を高くする必要があるからです。

スポンサードリンク



基本的に外部式ろ過フィルターはサイホンの原理と言って、エーハイム2213を水槽の下側に設置した状態で水を循環させると物理の法則でその後はスムーズに水が循環するようになり、モーターの負担を限界まで軽くして水をリサイクルして利用してます。

そのため、水槽の横に置く場合で、水深がエーハイム2213のモーターの高さよりも低くなる場合、絶対に設置ができない訳ではありませんが、想定外のトラブルが発生する可能性がありますし、以前試しにやってみたら水漏れや騒音が発生していました。

 

 

エーハイム2213を水槽の横に設置するのはメーカーの保証外。

 

既にご説明したとおり、高さが40㎝以下の水槽でもエーハイム2213を水槽の隣に無理やり設置することも出来るのですが、長期的な仕様を考えた場合、水漏れやエアー噛み的な騒音モーターの負担による寿命の低下など、通常よりもトラブルが多くなります。

それ以前に知っておいてほしいのが、エーハイム2213を水槽の隣に設置するということは、メーカーの保証外の動作をしているということであり、何があっても自己責任で対応をしないといけなくなりますので、それでトラブルになっても仕方がないです。

ですが、どうしても水槽の横に2213を設置しないといけない場合、ホースやパイプの取り回し方法に若干工夫が必要ですが、高さが40㎝以上の水槽であれば隣に置いても長期的に安定して2213を動作させる事ができるので、一つの解決方法になりますね。

ただし、水槽の高さが40㎝以上あっても、その水深がエーハイム2213の高さである34㎝よりも低くなっている場合、モーターに負担がかかってしまう恐れもありますので、水深だけは注意して管理しておいたほうがよく、逆にそれなら安心できる状態です。



スポンサードリンク





Updated: 2018年5月30日 — 11:38 AM
ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme