ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ミナミヌマエビと金魚って相性が良いのですか?|答えは最悪

最近、ミナミヌマエビと金魚の飼育に関する質問を受けることが増えてきているんですけど、このミナミヌマエビと金魚の組み合わせは最悪ですから、普通はやらないほうが良いので、相当広い環境で、池のような水槽がある場合を除いてお薦めはできません。

その理由ですが、金魚は雑食でなんでも食べる魚であり、更に最終的には巨大に成長していきますし、兎に角耐久性が高くてあらゆる環境に適用できて、口に入る水草なども吸い込んで食べてしまいますから、ミナミヌマエビは100%の確率で餌になります。

メダカとミナミヌマエビでしたら、まだ水草や流木などを大量に入れておけば、いい感じでミナミヌマエビが爆発的に増えるのを防ぐことが出来ますので、メリットは有るのですけど、金魚の場合は大きな口でミナミヌマエビを吸い込んで食べてしまうのです。

スポンサードリンク


 

 

ミナミヌマエビと金魚って相性が良いのですか?|答えは最悪

 

金魚は金魚すくい等でよく見られますので、小さい魚ってイメージがありますけど、実は相当大きくなるフナが変異した個体を固定した魚になりますから、状況により個体によってはヘラブナのように大きく成長する金魚もありますし、寿命もとても長いです。

その為、メダカですら金魚の餌になってしまいますから同じ水槽では飼育はできませんし、ヨシノボリ等も食べてしまいかねないこともあり、大抵は同じく大きく成長するドジョウ等と同じ水槽で飼育している人が多いですが、ヒメタニシは流石に大丈夫です。

ミナミヌマエビと金魚の相性は最悪と言っても良いくらいですから、永続的に同じ環境で飼育をすることは出来ませんが、金魚が誕生したばかりの稚魚の時や、体長が数センチと小さい時であれば、期間限定でミナミヌマエビと同じ環境で飼育が可能です。

 

 

泳ぎが下手でサイズが小さいピンポンパールなら大丈夫?

 

最近ではピンポン玉のような体をしたピンポンパールって金魚が人気になっていますが、このピンポンパールであれば兎に角泳ぐのが下手なのと口が小さくて、障害物を沢山水槽に用意していればミナミヌマエビと共存できる数少ない金魚の一つでしょうか?

スポンサードリンク



ピンポンパールに関しては可愛いって感じる人と、可愛くないって感じる人の両極端に別れてしまうのですが、どうしてもミナミヌマエビと金魚を同じ水槽で永続的に飼育たい場合は、ピンポンパールなら何とかなりますので、検討してみる価値はありますね。

逆に小赤とか餌金って売られている1匹30円位の金魚は、本当に直ぐに大きくなりますので、あっという間にミナミヌマエビが餌になってしまいかねませんし、ウィローモスなどを大量に入れておいても、それごと吸い込んで食べてしまいますので難しいです。

 

 

金魚は水を極端に汚す魚になるのでミナミヌマエビはそれでも不利?

 

意外に感じる人も多いのですが、金魚はかなり水を汚す魚になりますから、ろ過フィルターも強力なものが必要になることや、同じ環境で他の魚を飼育していると、例えば食べられなくてもヨシノボリ等は水質悪化によりあっさり死んでしまうことがあります。

基本的に金魚は、餌の問題や強力なろ過フィルターが必要になること、想像以上に大きく成長する個体がいることなどから、金魚だけの単独飼育をするのが普通で、同居させるのなら同じく似たような環境で生息可能なドジョウを飼育するって人が多いです。

金魚そのものは、水を汚してもその環境で何とか耐えることが出来るのですが、他の魚やエビは耐えれないことも多くて、なおかつ餌になってしまう可能性があり、水草ごと吸い込んで食べてしまう金魚とミナミヌマエビの相性はとても悪いって事になります。

金魚が成長をする前のメダカくらいの大きさのときなら、ミナミヌマエビと同じ環境で飼育も可能ですが、餌がないって金魚が判断するとミナミヌマエビが徹底的に狙われてしまう可能性も無いわけではありませんから、最初から別の水槽で飼育をしましょう。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme