ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ミナミヌマエビと一緒に飼育できない魚の簡単な見分け方

ミナミヌマエビを飼育していて飼育を始めたばかりの人が失敗するのが、ミナミヌマエビだけではちょっとさみしいので、他にペットショップやホームセンターで売られている魚も飼育し始めたら、ミナミヌマエビが全ていなくなってしまったって話です。

これは、ミナミヌマエビと言うのは殆どの魚から見て大好物の餌に該当しますので、小さな生まれたばかりのミナミヌマエビがメダカやネオンテトラなどからも積極的に襲われて食べられてしまうのを見ても分かる通り、必ず餌として認識されるからです。

それでも、メダカやネオンテトラ等とミナミヌマエビを飼育できる理由は、ある程度成長をしたミナミヌマエビであれば、メダカやミナミヌマエビはフグやピラニアのような歯はありませんので口にはいらないミナミヌマエビは襲われないから大丈夫なのです。

スポンサードリンク


 

 

ミナミヌマエビと一緒に飼育できない魚の簡単な見分け方。

 

ミナミヌマエビと一緒の水槽で飼育ができない魚を見分ける方法はとても簡単で、それはミナミヌマエビが口に入る魚は基本全てNGになりますので、ミナミヌマエビの大きさを見て口に入る魚であればメダカだろうが金魚だろうが同じ水槽飼育は駄目です。

例外的にミナミヌマエビは爆発的に増えすぎるので、それを防ぐために水槽内に障害物を沢山設置して稚エビが食べられない環境を作り、その状態で成長したミナミヌマエビを食べない大きさの魚を飼育していれば、バランスが取れた水槽の環境になります。

後はフグやピラニアのように大きな歯がついている魚の場合は大きさに関係なく、ミナミヌマエビはバリバリと食べられてしまいますので、そのような魚はミナミヌマエビと同じ水槽では飼育はできませんので、大きな歯がついている魚は単独飼育で行います。

スポンサードリンク



 

 

金魚の場合は水草だけでは全滅してしまうミナミヌマエビ。

 

ミナミヌマエビはそのままでは増えすぎてしますので、同じ環境で程よく稚エビを食べてくれるメダカやネオンテトラ等は、同じ環境で飼育するのに適しているのですが、ミナミヌマエビの隠れ家として水草だけを用意した場合、金魚だと全滅してしまいます。

金魚はある程度成長してくると成長したミナミヌマエビすら食べてしますのですが、隠れ家を流木や御影石などできっちりと作っている場合、流石にそれを破壊する事はできませんので、ミナミヌマエビはその隠れ家をベースにある程度の個体が生存出来ます。

しかし、水草だけで金魚とミナミヌマエビの飼育をした場合、金魚は水草ごと思いっきりミナミヌマエビを吸い込んでしまいますので、ミナミヌマエビは次から次から襲われてしまいますから、流木や御影石等で頑丈な隠れ家を用意して飼育を行います。

 

 

エンゼルフィッシュやハゼの仲間もミナミヌマエビを襲います。

 

一見して、エンゼルフィッシュやハゼの仲間は、個体によってはミナミヌマエビと大きさもあまり変わらないので、大丈夫だろう?と思うかもしれませんが、これらの魚は積極的にミナミヌマエビを襲いますし、エンゼルフィッシュは相当動作が素早い魚です。

エンゼルフィッシュは水槽の中をゆっくりと泳いでいるイメージがあるかもしれませんが実は相当泳ぎが早い魚であり、餌を襲う時は凄まじい勢いで襲いかかりますし、空中浮遊のような独特の動き方をしますので、ミナミヌマエビが隠れるのも厳しいのです。

ハゼの仲間は自分よりも大きな同じハゼをそのまま食べてしまう位の貪欲な魚なので、ミナミヌマエビなどはあっさりと食べられてしまいますので、その場合はもっと大きなヤマトヌマエビなら大丈夫なことが多いですから、そちらの飼育を検討しましょう。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme