ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

メダカの飼育水槽の中に赤色の変な生き物がいる?|質問相談

メダカの飼育を始めたばかりの人が必ず遭遇するトラブルの中に、水槽の中に赤色の変な生き物がいる現場を目のあたりにすることがあり、一度は誰でも通る道なので特に気にせずに適切な対応をすれば良いですし、メダカが死ぬこともないのでご安心下さい。

この水槽の中で確認できる赤色の変な生き物の正体はアカムシ(ボウフラ)であり、速い話が蚊の幼虫ですから、水槽を見つけた蚊がやってきて、卵を大量に産み付けてその卵が孵化をして幼虫が育っている状態が、水槽中に赤い虫がいる状態になります。

赤い虫の正体は蚊の幼虫ですので、どのように対処をすればよいかと言えば、水作のプロホースで吸い出して処分すればよいだけなので、特別に難しい事をするわけでもなく、水作プロホースを持っていない人は早く購入してアカムシの駆除を行いましょう。

スポンサードリンク


 

 

メダカは実はアカムシ(ボウフラ)を勝手に食べてくれます。

 

メダカの飼育をしている水槽の場合、過剰な水草を浮かべている水槽でもない限り、勝手にメダカがアカムシやその後に水面付近でうろつくことになるボウフラを積極的に食べてくれますので、メダカがメインの水槽であれば実際には積極的な駆除は不要です。

ただ、赤玉土を多めに敷き詰めた水槽で水草を沢山浮かべている水槽の場合は、メダカも完全にはこの赤色の変な虫を食べれないこともありますので、その場合は管理者が水作プロホースで積極的に駆除をしていかないと簡単には駆除できないこともあります。

この赤い変な生き物がアカムシのときは、ミノムシのような膜を作ってその中で成長をしていることが多く、その際に赤玉土などの隠れる場所がある場合、メダカでも全てを襲いきれないこともありますので、赤い虫を確認したらやはりプロホースで駆除です。

スポンサードリンク



 

 

屋外水槽でメダカの飼育をする場合はボウフラ問題は避けられない?

 

水槽の中で赤色の変な虫が大発生する現状は、屋外の水槽でメダカを飼育する場合は避けて通れない問題なので、メダカはこの赤い色の変な生き物(ボウフラ)を積極的に食べてくれるのでまだましなんすけど、ミナミヌマエビの飼育をする場合は大変です。

何しろ、ミナミヌマエビはアカムシ(ボウフラ)を遅って食べることはありませんのでミナミヌマエビだけを大繁殖させるための水槽の場合は、大量のボウフラが発生する水槽になりますから、蚊が大発生する原因になるので必ずプロホースで駆除をします。

シンガポールでは、蚊が大発生をする原因を放置していたら法律で罰せられますけど、日本の場合は庭にボウフラが大発生している水槽を放置していても法律で罰せられることはありませんので、それを悪用して隣人の迷惑行為をしないようにして下さい。

 

 

ボウフラが大発生するのを防ぐ方法はベアタンクか室内水槽。

 

メダカを飼育している水槽では、ボウフラが大発生をするのを防ぐのは容易なので、その方法としては屋外の場合はベアタンクで飼育していれば誰でも簡単にボウフラ対策を行うことが出来ますし、ベアタンクの場合はメダカが片っ端からボウフラを食べます。

また室内環境の水槽であればこの赤色の変な虫が水槽の中で大発生することは先ずありませんので、不安でしたら屋外はやめておき、最初から室内水槽でメダカの飼育をしていれば、ボウフラに悩まされることもありませんので、検討して見ると良いでしょう。

何れにせよ、ボウフラ対策や水換えの際には水作プロホースがあるとないでは、今後の飼育の難易度が全く違ってきますから、水作プロホースを持っていない人は、なるべく早めにアマゾンで購入してくことをお勧めしますし持っていて後悔はありません。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme