ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

プレコタブレット利用時の注意点|水作のプロホースは必須

水槽で魚やエビを飼育している場合、通常は殆どの場合で特定の餌を与えないといけないのですが、その際に万能的に使える餌として、小型の魚やエビの場合でしたらキョーリンのプレコタブレットが大変有用的になることが多くなります。

その理由としては、元々は吸い付きナマズの一種でもあるプレコ用に開発された餌なのですが、プレコ自体が人口の餌に懐きにくい魚であることもあり、色々と研究を重ねて開発をされている為、結果的に他の魚でも食いつきがよくなっている訳です。

 

 

メダカもドジョウもミナミヌマエビもヒメタニシにも対応する餌。

スポンサードリンク


 

肉食系の魚でしたらプレコタブレットを食べる事は殆どなく、それ系の人工餌でしたらカーニバルであるとか、キャット(ナマズの意味)と名称が付いている動物性のタブレットを与えることになるのですけど、小型で雑食系の魚の場合はプレコタブレットで十分です。

その為、メダカやミナミヌマエビ、オトシンネグロやヒメタニシ、ドジョウなどを飼育している場合、こちらのプレコタブレットだけを与えていれば良いことも多い為、余計な手間も省けますし、何よりわかり易い硬化サイズのタブレットをドボンだけで構いません。

 

 

プレコタブレットだけあれば殆どの魚やエビ、貝を安定飼育が可能です。

 

ですから、水槽に投入する餌はプレコタブレットだけで全てを済ませている人もいますし、エーハイムのオートフィーダーを利用している人でも、プレコタブレットは大変扱いやすい為、積極的に利用している人も多いくらいです。

スポンサードリンク



元々は口が大きくてへばりついて削り取るプレコに合わせて大きめのタブレットとして製造されている為、ボリュームも十分ですし、水槽に入れてからも長時間において固い状態を保っているので色々と扱いやすいのです。

 

 

大変便利なプレコタブレットの致命的な欠点とは?

 

大変便利で良いことばかりがあるプレコタブレットなんですけど、実は一つだけ致命的な欠点がありまして、それは他の餌よりも圧倒的に水を汚してしまうといった問題であり、これを解決するには飼育者が定期的に水槽を掃除しないといけません。

それなら、余った餌の掃除用にミナミヌマエビとかヒメタニシ、ピンクラムズホーンなどを適当に水槽に入れておけば良いのでは?と思うかもしれませんが、残念ながらそれだけでは処理が出来ないくらい水を汚してしまうのです。

その為、プレコタブレットを頻繁に餌として水槽に投入する場合、定期的に水槽の底を掃除する際にプロホースを利用するか、もしくは最初からベアタンクとして水槽を管理するかのどちらかになりますので、どうするかは飼育者次第になります。

 

水作のプロホースは大変便利な飼育器具になりますので、これをまだお持ちでない方がいれば、早めに購入しておいたほうが良いくらいなのですが、プレコタブレットが原因の水の汚れと掃除の方法については、次回に続きます。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme