ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

メダカの稚魚水槽のボウフラ駆除対策は水作プロホース

メダカの稚魚の飼育をする場合、屋外に設置している薄めのグリーンウォーターの環境で育てるのが一番効率が良くなりますので、大きめの発泡スチロールを水槽を使用して、その環境でメダカの稚魚を育てている人は沢山いますし水槽も増えていきます。

しかし、この大変効率が良いメダカの稚魚の飼育方法なんですけど、実は一つだけ問題があり、その問題というのは屋外に設置していて、全く天敵になる魚がいない水槽の場合、ボウフラが必ず大量発生する要件を満たしていますから、当然大発生します。

メダカがボウフラを好んで食べると言っても、それは成長したメダカのことであり、卵から孵化したばかりのメダカの稚魚はボウフラよりも遥かに小さく、ボウフラを食べることは出来ませんので、その結果ボウフラが体験繁殖しやすい環境になります。

スポンサードリンク


実際にメダカの稚魚だけを大量に飼育している屋外に設置している水槽の中には、ボウフラが大発生をする大変快適な環境がすでに構築されているため、遅から早かれボウフラが大量発生して、そこから大量の蚊が飛び立つことになりますで大変な問題です。

 

 

メダカの稚魚を飼育している水槽のボウフラ対策は水作プロホース。

 

メダカの稚魚の飼育をしている水槽から、メダカの稚魚に危害を加えずにボウフラだけを自動的に駆除する方法はありませんので、その場合は管理者が直接定期的に駆除を行わないといけなくなるのですが、その方法は意外に簡単で水作プロホースを使います。

メダカの稚魚は基本的に水槽の底にはいませんので、殆ど水面付近かそれに近い場所を泳いでいますから、水作プロホースを水槽の底に浸かるよう感じで、吸い込むパワーを控え目にしてプロホースを使えば、綺麗にボウフラだけを駆除することが出来ます。

注意点としては、水作プロホースを稼働させる際に、水槽に入れてから上下にガサガサ揺すって水を吸い出す準備をしてしまうと、それ原因でメダカがショック死してしまうこともありますから、最新のプロホースでポンプ式のものを使って稼働させます。

スポンサードリンク



旧型のプロホースにはポンプが付いていないモデル、ポンプが付いていても経年劣化でそれが使えなくなっているモデルもありますので、これから水作プロホースを購入する人は、必ずポンプがついている強化されたプロホースを購入しておきましょう。

 

 

メダカの稚魚水槽からボウフラが大量発生したら苦情が・・・。

 

本人は好きでやっているメダカの飼育や繁殖であっても、関係ない他人から見ればタダの道楽に過ぎませんので、それで原因で蚊が大量発生しているとなると必ず苦情が入ることになりますし、そのまま放置しておくと実害が出る場合もあります。

最近では、蚊取り線香とかベープマットがあるとは言え、あまりに大量に蚊が大量発生していると誰でも不思議がりますし、その原因である水たまりを特定されてしまった日には、メダカの稚魚の飼育をしているどころでは無くなりますので深刻です。

メダカの稚魚の飼育をする場合、屋外の水槽でしたらタワーマンションのベランダですらボウフラが発生する状態ですから、一体どこから蚊が飛んで来るのか分かりませんが、日本中、ほぼ全ての環境で蚊が発生すると思って間違いないのが現状です。

特にグリーンウォーターの水槽でメダカの稚魚を育てる場合、ボウフラが水槽内にいることが大変わかりにくいですから、それが分かるのがボウフラの抜け殻が水槽の側面に確認できるときか、異常に蚊が大量発生しているのを刺されて気がつく時です。

日本の場合、蚊が発生する水場を放置していても罪にはなりませんが、シンガポールではそのような行為をしていると違法になるくらい深刻な問題ですので、飼育者が責任を持って数層からボウフラを駆除するように管理していきましょう。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme