ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

水作プロホースを使っているとソイルが詰まって困る?対策は?

水作から発売されているプロホースは、長期間アクアリウムを楽しんでいるのであれば、知らない人がいないくらい有名な飼育器具というか、メンテナンス器具であり、現時点で持っていないのであれば、絶対に購入しておいた方が水槽管理が楽になります。

プロホースというのは、簡単に言えば、ソイルなどの隙間に詰まっているゴミやフン、餌の食べ残し、ミズミミズなどを吸い上げて水槽から除去できる画期的なサイフォンの原理を利用した、給油ポンプ改みたいなものなので、なんとなくわかると思います。

水槽の水換えをする際に、プロホースを使えば、ソイルの中のゴミがガンガン吸い上げられていきますので、見ているだけで水槽の中が綺麗になっていると感じますし、吸い上げた汚れたバケツの水を見ると、水槽を掃除しているって感じで高揚感もあります。

スポンサードリンク


 

 

水作プロホースを使っているとソイルが詰まって困る?対策は?

 

それで、プロホースが水換えに最適って話を聞いて、Amazonなどで購入をしてから使ってみると、確かにこれは凄い画期的な飼育器具だって殆どの人が話してくるんですが、極稀に、プロホースがソイルを吸い込んで詰まってまともに使えない人がいます。

プロホースの先端をソイルに突っ込んで、最新式のプロホースなら上部の空気入れのようなポンプを押せば、サイフォンの原理で自動的に水槽の水を吸い上げていくのですが、その際に吸い上げる力が強すぎてソイルも吸い込んでしまい、詰まる症状です。

この原因ですが、実はプロホースについている、フックのような白いプラスチックの部品をホースに取り付けていないことが多く、説明書も読まずにプロホースを使って、ソイルが詰まっていると困っている人が殆どなので、急いで取り付けてみましょう。

スポンサードリンク



 

 

水作プロホースの吸い込み量を調整するフックを必ず取り付ける。

 

中古品のプロホースを買っているのでもない限り、プロホースを購入すると白いプラスチックのフックの様な部品が入っていますので、ホースをバケツに取り付けるフックではなくて、なんに使うのか分からない?ようなパーツがあればそれが該当します。

それを説明書を見ながらホースにつけると、プロホースで水槽の水を吸い込む際に、そのフックのようなパーツで調整すれば、水の吸い込み量を調整出来ますから、ソイルを思いっきり吸い込んで目詰まりして困っているなら、吸い込み量を弱くすれば大丈夫。

特に難しいことではありませんが、プロホースの吸い込み量を最も弱くしても、それでもソイルを吸い上げてしまう場合、手でプロホースを持ってガシガシ上下に振りながらソイルを落としつつ、そのまま汚れた水を吸い上げていけば良いだけになります。

 

 

プロホースを使う前にかならず説明書を読んでおくと間違いない。

 

Amazonでプロホースを購入すると、最も安く購入できますし、無駄に大量の飼育器具や生体をセット購入しなくても送料は2000円分買えば無料になりますから、プロホースとかスポイトを適当に買うだけ良いので、多分、Amazonが一番お手軽に買えます。

慣れている人なら説明書は見なくてもよいのですが、初めてプロホースを購入する場合、なにこれ?って使わないと思われるような、水量を調整するフックをゴミか何かと勘違いしてそのまま捨ててしまい、結局、また新品買い直しをする羽目になります。

プロホースが水を吸い上げるパワーは想像以上に強く、水流を調整するフックがない場合、ソイルなどは大粒でもあっという間に目詰まりする位吸い上げてしまいますし、マルタニシですら余裕で吸い上げてしまいますので、説明書を最初に必ず読みます。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme