ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

水槽の砂利に迷った人にお勧めなのはプラチナソイル

メダカやミナミヌマエビの飼育を始めたばかりの人は、大磯と呼ばれている砂利を購入している方やこれから購入しようとしている方が多いかと思われますが、実際には大磯よりもソイルを購入しておいたほうが室内環境では絶対に良いのでお勧め出来ます。

以前であれば、室内環境の水槽で利用する砂利と言えば、大磯として売られている砂利が圧倒的に多くて、後はドジョウやコリドラスの飼育をしている人は田砂等を購入している人も多かったのですが、最近ではソイルの需要が圧倒的に多くなってきています。

ソイルが優れている点では、特にエビの飼育が容易になることが多くて、ミナミヌマエビの飼育が何故か上手く行かない場合は、大磯をソイルに交換しただけで、簡単に飼育できるようになることも多くて、扱いがとてもしやすいのがソイルの特徴です。

スポンサードリンク


 

 

迷った人にお勧めのソイルはお手頃なプラチナソイル。

 

それで、ソイルが気になってソイルを調べてみると、色々な種類があり値段が高いソイルから安いソイル、色が黒いものから茶色いソイル、粒が大きなソイルから粒が小さなソイルと多種多様なソイルが売られていますので、どれがいいのか迷う人も多いです。

実際に色々なソイルを購入して試してみましたけど、どれも対して差はなくて、最終的には実売価格1500円前後で売られているプラチナソイル(ノーマル)が費用対効果が一番高くて、これだけ購入しておけば60㎝水槽なら飼育も全く問題ありません。

実売価格が1500円前後のプラチナソイルは8リットルの容量になっていますが、これは一般的な60㎝水槽で3㎝位の厚さにソイルが敷ける容量なので、30㎝水槽なら2本分の容量があり、90㎝水槽なら更にもう8リットルが必要になると思って下さい。

ソイルについてどれを購入したら良いのか分からない場合、購入を迷ってしまった場合は、プラチナソイルを購入すれば良いと憶えておけば良くて、60㎝水槽なら8リットルの袋を1使えばよく、予算は1500円位になるので後は購入するだけになります。

スポンサードリンク



 

 

室内環境の水槽でソイルを利用する最大のメリットについて。

 

室内に設置した水槽でソイルを設置するメリットは水質を安定させることや、底面式フィルターと併用してソイルを利用すること、一般的にエビの飼育が容易になること意外にも更に重要な事があり、それが室内をソイルは傷つけないということになります。

大磯を使っている人なら経験があると思いますが、フローリングに落としてしまって傷をつけてしまったり、浴室などで水槽を洗浄している際に、大磯が詰まってしまったり、基本的には石である大磯は何かと室内を傷つけてしまうことが多いのです。

しかし、ソイルの場合は土を固めて焼きを入れただけの素材ですから、床に落としてしまってもフローリングに傷がついてしまうこともありませんし、浴室で排水口に詰まってしまうこともありませんので、とにかく住宅に優しいのがソイルの特徴です。

 

 

ソイルは住宅を傷つけない唯一の砂利としても使えるのがメリット。

 

フローリングを傷つけてしまうと修理代も安くありませんし、水槽台の下に大磯がめり込んでしまってそれを知らずに水槽台を引っ張ってしまうと、大きな引っかき傷がフローリングについてしまって、更に修理代が高くなる経験をした人もいるはずです。

魚やエビの飼育をする際には、なるべく住宅を傷つけないことがとても重要ですし、排水口のS字型の部分に大磯が流れて詰まってしまうと、何かと問題を起こすこともありますので、住宅に優しいソイルを使って住宅を傷つけないようにしておきましょう。

水槽のメンテナンスをしていて大磯でフローリングに傷をつけてしまった場合、家族と大げんかになる事もありますから、それが絶対に発生しない土を固めて焼きを入れただけのソイルは踏んでも引きずっても土なのでソイルが壊れて終わりなのがメリットです。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme