水面に小さな浮草が浮かんでいたら早めに駆除をする理由

アクアリウムを始めることになり日々水槽を管理していると飼育している魚やエビ以外にも次第に水草や流木、石などをレイアウトを行い、より自然に近い環境を水槽内にセットしていくことになるのですが、大抵の人は水草にこだわっていく事になります。

水草のレイアウトはその人の趣味嗜好により無限大にセットが出来ますし、価格も安くて種類も大変豊富ですし、エビや小魚の隠れ家になることもあり更には水槽の水を綺麗にする役割もありますから、水草を積極的に増やしていくのは自然な流れになります。

そこでロタラやウィローモス等、色々と水草を購入して、水槽にセットを始めていくとこれが案外面白くてついついハマってしまい、水槽を追加で沢山購入してレイアウトを楽しむ事になり、いつの間にやら水草の購入代金が10000円を超えることもあります。

スポンサードリンク


 

 

いつの間にか勝手に侵入している浮草を見たらすぐに除去します。

 

水草を買い増していくと、次第に水槽が豪華になりネイチャーアクアリウムっぽい水槽レイアウトになっていることもあり、その頃になると水槽も安定していることになるのですが、この段階になるとある厄介な侵入者が水槽に侵入していることがあります。

その厄介な侵入者の正体というのが小さな浮草であり、大きさは数ミリしかありませんので水槽内で見かけても気にしないことが多くて、小さな浮草が水槽内で浮かんでそれを気にせずに放置している人も多いのですが、実はこれがとても厄介な事になります。

この小さな浮草の何が厄介なのかと言えば、そのサイズが小さいことも関わっているんですけど、とにかく繁殖力が桁違いに強いことがあり、気がつかないままだと、いつの間にやら大量の水面を全て覆い尽くすくらいの個体数になっている事も多いのです。

小さな浮草を後々駆除すれば良いと思って放置していると、水面が全てこの小さな浮草に覆われてしまって、駆除をするのが大変難しくなってしまい、水草主体のレイアウト水槽の場合は最悪リセットをしないといけなくなるくらいの状態になってしまいます。

スポンサードリンク



 

 

小さな浮草が水槽内で繁殖をしたら厄介になる理由について。

 

小さな浮草だからと思って甘く見ていると、本当に短期間に爆発的に増殖することから、一度でも繁殖を始めると水草のレイアウトに拘っている水槽の場合はリセットしないといけなくなることも多く、小さな浮草が水槽内に漂いまくっている状況です。

この驚異的な繁殖力の理由は、浮草がとても小さいこともあるのですが、浮草の性質上、常に水面に浮かんでいる状態になり、水槽の照明の光を全て優先的に吸収できる状態になりますから、爆発的に繁殖を可能にする条件が全て揃っているのが浮草です。

ホテイアオイのように大きい浮草であれば、駆除も簡単なんですけど、大きさが数ミリしか無い浮草の場合、本当に細かくてこれをネットで掬って駆除をしようとすると水槽内でかき回される状態になってしまって大量に水中に散らばっていくことになります。

 

 

 

旅行等で長期間部屋を留守にすると水槽の水面が埋め尽くされる。

 

その際に水中の水草や流木などにひっつきむしのように小さな浮草がくっついてしまったり、ろ過フィルター等にくっついてしまったり、そして数日後にまた増殖して増えている状態で水面に浮かんできたりと、本当に厄介なのがこの小さな浮草なのです。

この小さな浮草を甘く見ていると、後々水槽のリセットををしないといけなくなりますし、暫く旅行などで留守にしていると水面を全て覆い尽くしてしまって、エーハイムオートフィーダーで餌が投入できない、水槽の光が水槽内に照射されなくなります。

特にゴールデンウィークや年末年始等に海外旅行に行ってから自宅に戻ってみると、水面全てを小さな浮草が占領をしていて餌が水中に届かなくなっていたり、他の水草が弱ってしまっていたりしますので、必ず駆除をするようにしておくのがおすすめです。



スポンサードリンク