ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

夏本番!30cm以下の水槽の場合は要注意|暑さ対策は万全?

つい先日、まだ日本全体ではなくて、一部の地域限定ですけど梅雨明けが発表されたばかりですから、これからは夏本番の大変暑い時期になる訳ですが、水槽の暑さ対策は万全でしょうか?

水槽の暑さ対策としては、水槽用のヒーターは全く意味がありませんので、水槽用ヒーターの水温を25度に設定しているからといって、夏場の高温になる水温を安定して下げれる訳ではないことは前回に書いた通りです。

まだ、飼育を始めてまもない方、アクアリウムを始めてまもない方の場合、水槽用ヒーターで夏場でも温度設定ができると勘違いされている方がいらっしゃいますから、一応注意しておいた方がよいですね。

スポンサードリンク


 

 

暑さ対策をしていない小さな水槽はミナミヌマエビでも危険?

 

暑さ対策を何もしない場合は、水槽の水温は気温に比例して激しく上下を繰り返すことになりますので、プラケースなどの小さな水槽でメダカやエビなどを飼育している場合、状況によっては、知らない間に水温が極端に高くなる場合もあります。

その結果、特にエビは水温の上昇に大変弱い生き物になりますので、最悪は全滅をしてしまう恐れもある為、できるだけ大きな水槽に余裕を持って水を入れるようにしておいた方が思わぬトラブルが発生することはありません。

日本原産のミナミヌマエビやヤマトヌマエビの場合、暑さにエビが弱いといっても外来のエビと比較するとかなり強い耐性がありますので、普通に飼育をしている場合、暑さで全滅をすることは殆どありません。

 

 

日本で一般的な水槽といえばご存知60cm水槽になります。

 

この場合の普通の環境というのは、日本で最も普及している一般的な60cm水槽で室内にて飼育している場合のことであり、それ以上の大きさの環境は別ですけど、それ以下の環境の場合、普通には該当しない場合があります。

まあ、あくまで最も売れている水槽を基準にしているだけであり、人によっては150cm水槽が普通の人もいますし、30cm水槽が普通の人もいますが、やはり一番売れている水槽サイズを基準にした方が話がスムーズなのです。

スポンサードリンク



これは、レッドビーシュリンプなどの外国産のエビの場合、日本の高温になる夏場の環境において、小さなプラケースなどで飼育をしている場合は、よほど高耐性の個体でない場合、殆どが死んでしまうことを意味します。

 

 

水量の少ない小さな水槽の場合は30cm水槽に交換?

 

現在の水槽環境を見て、水槽のサイズが小さいなどで夏場の高温になる状態が不安な場合は、早めに30cm水槽で良いので、そちらを購入して正しく飼育しておけば、日本原産のエビや魚であれば大抵は問題ありません。

住宅の都合上、60cm水槽の設置が難しくても、流石に30cm水槽の設置が難しい人は殆どいないと思いますので、妥協してギリギリ設置できて拡張性も高い30cm水槽を選ぶ選択肢もあります。

特に、飼育を始めてまだ初心者の方や、暑い夏を乗り切ったことがない方の場合、なるべく大きな水槽を設定し直すか、水槽クーラーを取り付けた方が良いのですが、水槽クーラーはプラケースには設定することができません。

 

 

大きなプラケースがどこにも売られていない理由について。

 

プラケースについて、カブトムシの飼育用などで結構大型のケースも売られていますが、30cm水槽の大きさを超えるようなプラケースはなかなか売られていません。

仮に売られていたとしても、30cm水槽クラスのプラケースがある場合は別でしょうけど、そのようなケースの場合、30cmガラス水槽よりも高額になってしまう場合もありますから、殆ど見ることはないと思われます。

ですから、最低限、将来的にもエーハイム2213のような外部式濾過フィルターや各種水槽クーラーの取り付けが行える30cmキューブ水槽を購入しておけば、大抵の場合は融通が利くことになりますし、夏場も安心感が出てくる訳なのです。

以前でしたら、チャームさんで999円セールや500円もあったかな?、かなり安く売られていた30cmキューブ水槽なのですが、最近はそこまで値下げされることは殆どないようなのが残念です。

環境や飼育者の経験によっては、プラケースやコップなどでも暑い夏場を乗り切ることが出来るのですが、初心者の方になるほどそれは難しくなりますので、水量を稼ぐ飼育方法を選んでおいた方が無難であると言えます。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme